自律神経、交感神経、副交感神経を理解して肌の再生力や免疫力をアップしよう!

自律神経の話

このブログでもたびたび出てくる「自律神経」。
自律神経ってなんとなくはわかっていても、実際にはどういった働きをしてくれている神経なのか、漠然としかわからないという方も多いかもしれません。

神経というと、冷たいものを触ると冷たいと感じたり、手や足など体を動かそうと意識的に動かすことができたり、足の小指をぶつけて痛みを感じたり・・・と、そういった運動神経や感覚神経などと同じと思いがちですが、自律神経はそれらの神経とは別ものな神経なんです。

今回は、「自律神経」について、そして「交感神経」「副交感神経」についてや、自律神経の整え方、また自律神経を整えて肌の再生力や免疫力アップするにはどういうことをしらいいのか、気をつけるべきなのかを、なるべくわかりやすくお話したいと思います^^

スポンサーリンク

自律神経のお話の前に

私たちの体には神経が張り巡らされていて、その神経にはさまざまな種類があります。
神経には「中枢神経系」と「末梢神経系」の2種類あり、末梢神経系はさらに2種類に分類されます。

末梢神経系2種類のうち1種類は、「体性神経系」と「自律神経」の2種類に分類されるのですが、体性神経系は

「感覚神経」「運動神経」

に分かれます。

私たちが「神経」と聞いて思い浮かべるのは、先ほどもお話したように、冷たいものを触ったときに冷たいと感じたり、体を意識的に動かしたりする「感覚神経」「運動神経」と呼ばれる、「体性神経系」のものだったんですね^^

今回、お話する「自律神経」には、

「内臓求心性神経」「交感神経」「副交感神経」

とに分かれています。

よく自律神経は「交感神経」と「副交感神経」の2つと言われますが、正式には「内臓求心性神経」の3つになります。
※ここでは、内臓求心性神経の説明ははぶきます。

これらをふまえた上で、自律神経についてお話していきたいと思います^^

自律神経は、私たちの体が正常に機能するためになくてはならない存在

人間(生体)は、外部環境の色々な変化に対して、体を常に正常な状態に保とうとしています。
これをホメオスタシス(恒常性の維持)といいます。

病気やケガなどを治す力を生物はみんな持っているのですが、これを「自然治癒力」といいますよね^^
この自然治癒力がきちんと働くためには、ホメオスタシスが大切になってきます。

例えば、日本は夏は暑く冬は寒いですが、私たちの体は、体内を安定させるために、自分の意思とは関係なく、暑いときは汗をかいて体温を下げようとしたり、逆に寒いときは体を震えさせたりして体温を上げようとしています。

実は、この体を正常な状態に保とうとする働きが「自律神経」によるものなんです!

自律神経は生命を維持するための大切な神経系

自律神経とは、私たちの体にある心臓や胃、腎臓などの内蔵や、体温、呼吸などの活動を無意識のうちに自動的にコントロールしている神経です。
私たちは、心臓がずっと規則正しく動いていたり、食べたものを消化させたり、呼吸したり、体温調節をしたり、排泄したりすることに対して、意識して動かそうとはしていませんよね。

意識せずに無意識でも、体はそれぞれ私たちが死ぬまでずっと動き続けているわけですが、24時間、365日休まずにそれらをコントロールしているのが「自律神経」なのです。

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経系があり、このふたつがバランスよく働いてくれることによって、私たちは体を常に正常な状態に保つことができています。
(正確には、自律神経だけではなく、ホルモンなども関係しているのですが、今回はその部分は割愛します)

交感神経は体を活発に、副交感神経はリラックスさせる

それでは、ここからは「交感神経」と「副交感神経」について、詳しくお話していきたいと思います^^

よく交感神経と副交感神経は「車のアクセルとブレーキ」の関係と言われています。

  • アクセル → 交感神経
  • ブレーキ → 副交感神経

交感神経は、昼間の活動時や、興奮や緊張したとき、ストレスを感じたときなどにスイッチが入ります。
副交感神経は、夜の安静時、リラックスしているときなどにスイッチが入ります。

これらのスイッチ(切り替え)は、私たちが意識して切り替えることはできません。
外部環境によって、無意識のうちに切り替わっています。

交感神経が優位になると活動的になる

交感神経が優位な状態はどういうときかというと。

わかりやすいように例えでお話しますね^^
まずは、ライオンに食べられそうになっている草食動物をイメージしてみてください。

草原の草を一生懸命食べているときに、急にライオンが自分を食べようとして襲ってきました。
そのままでは食べられてしまう!ため、草を食べるのをやめて一目散にライオンから逃げ出しますよね。

この、草を食べるのをやめてライオンから逃げるときに、交感神経にスイッチが入ります。

このときの状態は、心臓がドキドキし、瞳孔は見開いて、息もハァハァしますよね。
体全体が走って逃げることに集中するため、走りやすくするために心臓の心拍数があがり、走ることにエネルギーを使いたいので消化器官などは機能を低下させます。

そうして、ライオンから食べられないように全力疾走します。

今のお話は例えなのですが、よく交感神経が優位になると、

瞳孔が開き、心拍数があがり、血管が収縮し、戦闘モードになる

と言われるのですが、私たちはそんなに普段、戦闘モードになることってないですよね^^;
基本的には、交感神経が優位になると

体が活動的になって新陳代謝が活発になり、やる気が出る

状態になります。

副交感神経が優位になるとリラックス状態になる

交感神経とは逆に、副交感神経が優位になるとリラックス状態になります。

先ほどの例えの続きですが^^;、ライオンに襲われそうになりながらも、全力疾走してなんとか襲われずにすみました。
今まで全力で走っていましたが、もうライオンに追われることはないので、走るのをやめてまた草を食べ出します。

この、走るのをやめてまた草を食べだすときに、副交感神経のスイッチが入ります。

副交感神経が優位になると、今まで走ることにエネルギーを使うため消化器官などは機能低下していましたが、今度は機能が促進します。
心臓の心拍も下がり、血圧も低下し、食欲も増して、体の体温もあがり、体がリラックスモードになります。

ちなみに、便や尿をもよおすのって、副交感神経が関わっているんですって^^

交感神経・副交感神経のバランスが取れている状態がいちばんいい状態

自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つの神経系があり、それぞれ無意識のうちに両方が切り替わっていることをお話しましたが、このふたつがバランスよく働いてくれることによって、私たちは体を常に正常な状態に保つことができています。
(正確には、自律神経だけではなく、ホルモンなども関係しているのですが、今回はその部分は割愛します)

逆になんらかの影響によって、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうと、

疲れが取れない、眠れない、手足の冷え、動悸、息切れ、胸の圧迫感、便秘や下痢、頭痛、めまい

などが起こってしまいます。

また、新陳代謝も低下するため太りやすくなったり、平熱が低く(低体温)なったりします。

現代人は、自律神経のバランスが乱れている人が多い

昔の人達は、日が昇れば起きて活動し、日が沈めば寝るという生活をしていたため、自律神経が乱れてしまうことはほとんどなかったと考えられます。

しかし現在は、生活が便利になったことで夜になっても活動することができ、そのために寝不足になったり、仕事や人付き合いでストレスを抱えたり、暴飲暴食してしまったり、夏なのに冷房で体を冷やしてしまったり・・・と、自律神経が乱れてしまう要因がたくさんあります。
また、最近では異常気象と言われるように気温の変化だったり、気圧などでも自律神経のバランスは乱れてしまいます。

そんなバランスの乱れも、交感神経と副交感神経はちょうどいいバランスを保つために一生懸命働いてくれるんですが、現代ではどうしてもちょうどいいバランスを保つことが難しくなってきています。

現代病といってもいいくらい、自律神経の乱れから自室神経失調症になってしまう方が現在はとても多いんです。
実際に病院で診断されなくても、思い当たる症状がある人はとても多いと思います。
(私も当てはまる症状がいくつもあります・・・)

自律神経失調症とは?

自律神経失調症は、体の臓器などには異常がないのに、頭痛、めまい、疲労感、不眠、発汗異常、動悸、息切れなどの症状が出てしまうこと。
交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうことが原因と考えられています。

それじゃ、交感神経をずっと優位にしていたり副交感神経をずっと優位にしていればいいんじゃないの?と思う方もいるかもしれません^^;
特に、副交感神経優位の状態をずっとキープしておけば、なんだかいいような気もしますよね。

でも、どちらか一方がずっと優位の状態でいると、それはそれでやはり問題が生じてきます。

交感神経優位が続くとどうなる?

交感神経優位がずっと続くと、動悸がずっと続いたり、手足などの冷えが悪化したり、便秘になったりします。
また、交感神経優位の状態が続くことによって、肌のうるおいもなくなり、肌がかさつき、くすみが出てきてしまいます。

これは、交感神経優位が続くことで、体全体の血流が悪くなることが関係しています。
血流が悪くなることで、肌のターンオーバーも狂います。

副交感神経優位が続くとどうなる?

副交感神経優位が続くと、末梢の血行がよくなりすぎてしまい、体に炎症がある場合はそれが悪化してしまいます。

花粉症の方で、寝起きや朝に症状がひどくなるという方もいると思います。
これも副交感神経が関係していて、普通なら寝ているときは副交感神経優位ですが、朝起きると自動的に交感神経優位になるのに、鼻炎によってバランスが乱れてしまい、起きても副交感神経優位が続いてしまうために、症状がひどくなってしまうのです。

その他にも、やる気がおきなかったり、動いてもすぐに疲れてしまったり、集中力が続かなくなってしまったり、代謝が落ちたりします。

次回は、自律神経の整え方、肌の再生力や免疫力アップについてお話します

今回は、自律神経、交感神経、副交感神経、それぞれについてお話しました。
これらが肌に直接関係ないように感じるかもしれませんが、交感神経、副交感神経のバランスを保つことで肌の再生力や免疫力をアップさせ、肌だけではなく体にもいいことがたくさんあります。

今回は長くなってしまったので^^;、次回、自律神経の整え方、また自律神経を整えて肌の再生力や免疫力アップするにはどうすればいいか?をお話したいと思います。

自律神経の整え方などについてはこちらからどうぞ!
>>>自律神経を整えて免疫力や肌の再生力をアップさせる方法

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク