ココオーガニック(COCO ORGANICS)は日本初!ナイジェリア産のココナッツオイルを使った国産オーガニックコスメ

ココオーガニック

9月25日に新しく誕生した国産オーガニックコスメ「ココオーガニック(COCO ORGANIC)の事務所に訪問させていただき、ココオーガニックについて色々とお話を伺ってきました!

>>>ココオーガニック-COCO ORGANICS

まだ発売してから約1ヶ月ですが、Webや雑誌などでも取り上げられているので見たことや聞いたことがある方もいらっしゃるかなと思います^^

ココオーガニックについてや、ココオーガニックの主原料となる「ココナッツオイル」などについて、詳しくお話を伺ってきましたのでご紹介したいと思います^^

スポンサーリンク

ココオーガニックについて

ココオーガニックは、日本で初めてナイジェリア産の極上エキストラヴァージンココナッツオイルを主成分として使用した、保湿&エイジングケアに特化したオーガニックコスメブランドです。

長年、抗酸化の研究をしてきた商品開発者「松本将弦樹氏」と、本当にいいもの、現在の世の中の女性が求めているものをプロデュースしてきた、ブランディングプロデューサー「渡辺佳恵氏」のお二人の思いが通じあって、開発されました。

ココオーガニック

こちらは、ココオーガニックのプロデューサー「渡辺佳恵」さん。

長年、ファッション誌『CanCam』の編集部に在籍し、同誌初のファッションディレクターとして活躍していたとっても素敵な方なんですが、渡辺さんが

「今日使ってもいいと思える、明日使ってもいいと思える、20年たってもいいと思える化粧品が欲しい!」

という思いから、ココオーガニックが誕生しました。

今はもう落ち着いてきていますが、ここ数年、ココナッツオイルが美容や健康にいいということで、ココナッツオイルブームでしたよね^^

そのココナッツオイルを主原料にしたオーガニックコスメなんですが、この人気に便乗して開発されたわけではありません。

ココオーガニック

開発者の松本氏は、ご自身がアトピー性皮膚炎ということもあって、抗酸化をテーマに様々な研究をしていたのですが、今から10年前に「ココナッツオイルが、どのオイルよりも酸化しない!」ということがわかり、こんなにいいオイルで化粧品を作ったら、どんなにいいんだろう・・・と、それ以来ココナッツオイルの研究を進めていました。

そして、今から3年前に、プロデューサーの渡辺さんが、

「その場しのぎの、即効性のある化粧品はたくさんあるけど、本当に肌によく、使い続けることで、肌そのものがよくなる化粧品ってないのかな?」

という思いと、開発者の松本氏の

「すべてとは言わないが、企業の都合で『すでに酸化している油で作られている化粧品』や、『製造工程で酸化させてしまっている化粧品』が世の中にあふれているのが、残念ながら現状なんだ・・・。だからこそ、企業都合ではない『本当に肌のことだけ』を考えた商品を作りたい」

という思いが通じあって、「本当に肌のことだけを考えた商品」の開発がスタートしたんだそうです。

そして、松本氏は「せっかくココナッツオイルを使うなら、良質なオイルを使いたい。」という思いもあり、ご自身の研究からすでに良質なオイルがアフリカの『ナイジェリア』にあることを知っていたため、ナイジェリア産のココナッツオイルを使用することにしたそうです。

ナイジェリア産のココナッツオイルを使用しているのは日本初

一般的に、日本で販売しているココナッツオイルは、東南アジア(タイやフィリピン)産のものが多いんだそうです。

本来は背の高いヤシの木の上にヤシの実ができるので、木を登らないと収穫ができませんが、それだと効率が悪いので、東南アジアのココナッツ栽培地では、背の低いヤシの木にし、ヤシの実も木を登らずに収穫できるように品種改良をしているんだそうです。

ココオーガニック

ですが、アフリカのナイジェリアのヤシの木は、人が栽培しているものではなく、海岸沿いに自生しているヤシの木になるヤシの実からココナッツオイルを抽出しています。
もちろん、農薬は使用されておらず、自然の恵みがたっぷりと詰まった原種そのものなんですって♪

  • 海岸に広がるココナッツ栽培地の土壌は、農薬を使用していないエリアで、ナイジェリアの認定機関よりオーガニック認証取得予定(現在申請中)だそうです。

それと、ナイジェリアでは、ココナッツオイルの搾油方法も一般的な搾油方法とはちょっと違っているんだそうです。

一般的な搾油方法は、機械を使って低温圧搾が主流のようなんですが、低温圧搾でも残念ながら熱をかけてしまっているんだそうです。
ですが、ナイジェリアでは機械はもちろん、熱も一切かけずにココナッツオイルを抽出しています。

ナイジェリアの搾油方法は、収穫してきたヤシの実を、機械を使わずに粉砕して、水を張ったバケツに粉砕したヤシの実を入れます。
その後はなにもしないで、自然の熱でオイルが分離するのを待って、分離した上澄み油(一番搾り)だけを採取する、昔ながらの搾油方法を採用しています。
このエキストラヴァージンココナッツオイルは、100個のヤシの実から、わずか1リットルしかとれない、本当に貴重なオイルなんだそうですよ!^^

かなり貴重なココナッツオイルだからこそ、今まで日本では取り扱いがなかったんだそうですが、今回、フェアトレードの取り組みによって、ナイジェリア大使館の協力を得て、初めて日本で取り扱いができることになったそうです(2015年9月現在、日本で取り扱っているのは、ココオーガニックだけです)。

『フェアトレードについて』
ナイジェリアでは、ココナッツの栽培、輸出は国の経済の中枢を担っています。
ココナッツの栽培は、農業立国であるナイジェリアにとっては需要な産業。
収穫したヤシの実を用いて、殻は食器やスパチュラのような化粧用具だったり、果肉の繊維質はボディスポンジとして加工したり、抽出したココナッツオイルと一緒に輸入することを計画しているんだそうです。
これらの取り組みは、現地の雇用促進、オイル抽出後の産業廃棄物を出さない環境配慮型事業として、ナイジェリア大使館協力のもと、ココオーガニックで行う計画をしているそうです

ココナッツオイルについて

ココナッツオイルには、ラウリン酸という脂肪酸が豊富に含まれています。
この「ラウリン酸」は、母乳にも含まれている脂肪酸。

エキストラヴァージン ココナッツオイル

脂肪酸は大きく「飽和脂肪酸」「不飽和脂肪酸」にわけられるんですが、ココナッツオイルは「飽和脂肪酸」に分類されます。

飽和脂肪酸というと、体に悪いというイメージがあるかと思いますが、ココナッツオイルは「中鎖脂肪酸」を多く含むため、一般的な飽和脂肪酸とは違い体にいいと言われています。

また、ココナッツオイルとヤシ油って何が違うの?と思っている方もいるかもしれませんが、ココナッツオイルとヤシ油(ココヤシから作られたもの)は、同じものです。
ですが、アブラヤシから作られたヤシ油は、パームヤシ油と呼ばれていて、ココナッツオイルとは別物になります。

化粧品などでヤシ油と書かれているものは、パームヤシ油が多いようです。

また、ココナッツオイルは

  • 20度以下 ⇒ 固形
  • 20~25度 ⇒ クリーム状
  • 25度以上 ⇒ 液体

と形状が変化します。
これは、抗酸化力が強いということでもあるんですが、気温によって形状が変化をしても、ココナッツオイル自体の品質は変わりません

それと、特に敏感肌さんなんですが、ココナッツオイルは、肌への刺激が比較的強いオイルです。
ですので、肌へ直にココナッツオイルを使用する場合(ココナッツオイルのみをクレンジングなどで使ったりする場合など)は、十分注意して使用してくださいね。

ココオーガニックのアイテムは全部で4種類

ココオーガニックで現在発売されているアイテムは、全部で4種類になります。
どれも、ココナッツオイルをはじめ、食用素材のみでつくられていて、余計なものは加えずに、最低限の成分しか使用してないため、お子さんから家族みんなで使うことができます。

パラベン、アルコール、合成着色料、石油系界面活性剤、紫外線吸収剤は不使用です。

また、日本人の肌に合わせるために国内の工場で製造しているんだそうです。

それぞれのアイテムについて、簡単にですがご紹介したいと思います!

ココオーガニック

左下:クレンジングクリーム

ココナッツバームとバーム由来の成分で、汚れをしっかりオフしてくれるクレンジングクリームです。
ココナッツオイルが主成分のため、汚れを落としつつ、クレンジング後の肌のつっぱることがなく、保湿力の高いクレンジングになっています。

洗い流さずに、蒸しタオルを顔に当てて毛穴を開かせたあとにやさしく拭き取る使い方がおすすめだそうですよ^^

【全成分】
水,ヤシ油,グリセリン,ステアリン酸,BG,カプリル酸グリセリル,アルギニン,コカミドDEA

右下:フレッシュソープ

4つのアイテムの中で、いちばんココナッツオイルの含有量が多いのが、このフレッシュソープです。
ココナッツオイルを加熱せずに、時間をかけてていねいに作った「生せっけん」。
加熱せずに作っているので、天然のグリセリンなどの有効成分を最大限保っています。
少量でもしっかりと泡立ち、使い続けることで肌トラブルの予防にも。

【全成分】
ヤシ油,PG,水,水酸化K,水酸化Na,トコフェロール,クエン酸Na

左上:フェイスクリーム

スフレみたいな軽いテクスチャークリームです。
油膜を張るクリームとは違って、ココナッツオイルそのものに天然のグリセリンが含まれているため、しっかり保湿されるのにべたつかず、すーっと肌になじんでくれるクリームです。
ココナッツオイルは、肌をやわらかくして、潤す効果が高いので、使い続けるうちに肌がやわらかくなり、ハリとツヤが蘇ってきます。

【全成分】
水,ヤシ油,グリセリン,ミツロウ,ステアリン酸,PG,カプリル酸グリセリル,キサンタンガム,アルギニン,水溶性コラーゲン,トコフェロール,カニナバラ花油,香料

右上:リップバーム

ココナッツオイルが潤いとハリ、ツヤを与えてくれ、唇の乾燥を防いでくれます。
リップバームに含まれているアスタキサンチンは、自然界に広く分布している天然の赤い色素で抗酸化作用があります。
リップとしてはもちろん、ネイルオイルやハンドクリームとしても使えます。

【全成分】
リンゴ酸ジイソステアリル,ミツロウ,ヤシ油,アスタキサンチン,トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,シア脂,トコフェロール

の4点です。

あれ?化粧水ってないの?と思われる方もいるかと思いますが、現時点では化粧水は販売されていません
(ただ、現在化粧水も開発中とのことですので、多分もう少ししたら発売されると思います!)

化粧水がまだ発売されていませんので、お手持ちの化粧水を使ってくださいとのことでした。
いちばんいい化粧水は、アベンヌやラロッシュポゼなどのウォータースプレーがいいそうですよ^^

coco-organic2

ココオーガニックでは、未精製のココナッツオイルを使用しているため、国産オーガニックコスメでは珍しく、わりと攻め系のオーガニックコスメです。

オーガニックコスメって、ケミカルコスメに比べるとどうしても即効性はなかなか実感として感じられないことが多いですが、その中でもかなり即効性が感じられると思います。

しいていうなら、トリロジーやアンネマリーボーリンド、キールズみたいな感じっていうとわかりやすいかな^^

ですので、トリロジーやアンネマリーボーリンド、キールズが好きな方は、ココオーガニックは気に入るのではないかなと思います♪

・・・・・

まだ、発売開始になってから1ヶ月のオーガニックコスメですが、これから人気が出てきそうな気がします!

ぜひ、日本初のナイジェリア産ココナッツオイルがふんだんに配合された、ココオーガニック、チェックしてみてくださいね♪

今回、ご紹介した4点をお試しさせていただいていますので、それぞれの使い心地などについては、後日詳しくご紹介したいと思います^^

>>>ココオーガニック-COCO ORGANICS

・・・・・

お友達のSyoさんがフェイスクリームの詳しいレビューをされてます!
>>>乾燥しなくなったかも!? ココオーガニックのフェイスクリームすごい!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク