エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」はこれ1つでチークにもリップとしても使えるから便利!

エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」

エトヴォス×河北裕介コラボ第二弾の「ミネラルチーク&リップ」をお試しさせていただいています^^

>>>河北裕介×エトヴォス コラボアイテム【第ニ弾】「ミネラルチーク&リップ」

名前のとおり、ミネラルチークとしてもリップとしても使えるアイテムなんですよ♪

私もチークとしても、リップとしても使ってみましたので、詳しい使い心地などをご紹介したいと思います!^^

エトヴォス×河北裕介コラボ第一弾のボ「ミネラルハイライトクリーム」についてはこちらです
エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルハイライトクリーム」が新発売!かさつくお肌もうるっとツヤ肌に♪

スポンサーリンク

エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」について

エトヴォス×河北裕介コラボ第二弾は、内側からにじみ出るような血色感ある仕上がりと、よれにくいテクスチャーにこだわったクリームタイプのチークです。

チークとしてだけではなく、口紅としても使えます。

エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」

クリームタイプのチークなので、肌にぴったりとフィットして、粉っぽくならないのもポイントです。
また、微細なパールが配合しているので、肌のツヤ感を高めてくれ、つややかで透明感の肌に仕上げてくれるんだそうですよ^^

美容成分も豊富に配合しているので、何かと刺激を受けやすい頬をケアしながらメイクができます。

肌荒れを防ぐ甘草エキス、肌を整えてくれるカミツレエキス、キメを整えて輝きを与えてくれる油溶性ビタミンC誘導体、うるおいを与えてくれるセピホワイトなどが配合されていますので、肌荒れや肌のキメ、シミ・そばかす、年齢肌に悩んでいる方も使うことができます^^

また、肌のツヤは、シミ、シワ、くすみなどを目立たなくしてくれるので、肌年齢に悩んでいる方も使いやすいと思います^^

天然ミネラル、植物由来のオイルやワックスと美容成分だけでつくられており、シリコン・鉱物油・界面活性剤・香料・防腐剤不使用です。

石けんで落とすことができますので、クレンジングは不要です。

全成分はこちらです。

ネーブルオレンジ、プラムレッド: ダイマージリノール酸ジ(イソステアリル/フィトステリル)、(イソステアリン酸/ベヘン酸)(グリセリル/ポリグリセリル-6)エステルズ、ミツロウ、キャンデリラロウ、水添ヤシ油、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、ヤシ油、ヒマワリ種子油、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、ウンデシレノイルフェニルアラニン、カミツレ花エキス、アロエベラ葉エキス、グリチルレチン酸ステアリル、(+/-) ジイソステアリン酸ダイマージリノレイル、マイカ、酸化チタン、酸化鉄、カルミン、水酸化Al

※本商品にはコチニール色素(カルミン)を含み、コチニール色素(カルミン)は食品にも使われる天然色素です。

ここで、ちょっと成分のお話なのですが・・・・コチニール色素が配合されているため、気になる方は気になると思います。
コチニール色素ってなんだろう?という方のために、少しコニチール色素についてお話したいと思います。

コニチール色素は、食品添加物として食品にも使用されている天然色素です。
コニチール色素の原料は、中南米などに生息するエンジムシ(コチニールカイガラムシ)。
エンジムシを熱湯で煮沸し、天日で乾燥させて粉末状にしたものです。

日本でもお菓子やハム、医薬品、化粧品、飲料などによく使われているもので、食品衛生法で着色用の食品添加物として認められています。

コチニール色素は、天然由来でさまざまな色素の中で最も安全と言われていますが、ごくまれにアレルギーを起こす場合があるようです。
また、食品添加物としてコチニールを独自に使用しないというところも出てきているようです。

カラーは全部で2種類。人気はプラムレッド!

ミネラルチーク&リップは、全部で2種類のカラー展開になっています。

エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」

左が、ヘルシーで笑顔の似合うピンク系オレンジの「ネーブルオレンジ」、右が色っぽさを演出してくれる青みがかったレッド「プラムレッド」になります。

人気があるカラーは、プラムレッドだそうですよ♪

エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」

実際に、肌につけてみたのが上の写真です。
ちょっとわかりづらいかもしれませんが、意外としっかり発色していますよね^^

最初、色を見たときに結構色がハッキリしているので、リップとしてもチークとしても色がきつくならないかな?というのが心配だったのですが(ハッキリ系の色を使うと、すごくケバケバしく見えてしまうんです、私・・・・)、実際に使ってみたところ、心配していたケバケバしさはなく、とても使いやすい色でした!

リップとして、チークとしての使い方

ミネラルチーク&リップは、使いこなすのにちょっとしたテクニックが必要になります。
私はもともとメイクは得意ではないので、最初はちょっと戸惑ったのですが^^;、数回使ううちに慣れてきました!

リップとして使う場合は、

頬の高い位置に1本ラインを引いたら、 指でぼかす。

唇にミネラルチーク&リップを直塗りしたら、指で輪郭をぼかすようにします。

チークとして使う場合は、

ミネラルチーク&リップ

頬の高い位置に1本ラインを引いたら、指でぼかしていきます。
(慣れないうちはスポンジなどでぼかすときれいに仕上がるようですよ♪)

エトヴォス×河北裕介コラボ「ミネラルチーク&リップ」

実際に、肌に指でなじませてみたのが上の写真です。
結構ハッキリとした色でしたが、チークとして指でぼかすとほんのりと自然な赤みになります!
(まだ慣れる前の段階に撮った写真ですが、今は慣れてきてもっと自然な感じにぼかすことができています(笑))
かなり細かいラメも入っているので、薄っすらと頬がキラキラっとしてツヤ感が出て肌がきれいに見えます♪

自然な仕上がりにするためのポイントは、「つけすぎないこと」です。
頬の高い位置に1本線を引いて・・・という使い方が書かれていますが、私が実際に使ってみて使いやすかったのは、直にネラルチーク&リップで1本線を引くのではなく、ネラルチーク&リップを中指などの指の腹に少し取り、ポンポンっとしながら肌になじませていくほうが、自然な感じに仕上がります。

本当はスポンジで伸ばすといいようなんですが、私はまだスポンジは使っていないので違いがわからないんだけど、クリームタイプのチーク初心者さんでも指に少しずつ取ってポンポンする方法だと失敗が少ないと思います!

リップとしても、きれいに発色してくれますが、決してケバケバしくならず、使いやすい色味でした♪

外出する際も、いつもならチークとリップどちらもそれぞれ持っていくようですが、これなら1本でチークにもリップとしても使えるので、便利ですよね♪

ぜひ、気になる方はチェックしてみてくださいね^^

>>>河北裕介×エトヴォス コラボアイテム【第ニ弾】「ミネラルチーク&リップ」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク