肌荒れ、手荒れ、ニキビ、花粉症による肌のかゆみ、乾燥肌、敏感肌の肌トラブルに使えるオーガニック万能バームをリピしました

肌荒れ、手荒れ、ニキビ、乾燥肌、敏感肌の肌トラブルに使えるオーガニック万能バームをリピしました

以前、乾燥、敏感肌、ニキビ肌など肌トラブルに使えるオーガニックなバームとしてご紹介したハピネスバームですが、使い心地や使い勝手がとてもよかったので、リピしました♪

>>>ハピネスバーム

以前の記事はこちらです。

このハピネスバーム、はじめは手のガサガサに使っていたのですが、花粉症が先月くらいから始まっているのか、肌の乾燥のほかに肌のかゆみも出てきたりして肌が敏感になることが多く、そんなときに使ってみたんですがとても使い心地がよくて!

お試し用も500円ととってもお得な金額だし、私が今回リピしたのもお試し用サイズと同じサイズのものが3つで1,280円(初回限定、次回からは2,200円)ですので、ぜひ乾燥肌、敏感肌、肌荒れしている方など肌トラブルがある方は、参考にしてみてください^^

スポンサーリンク

ハピネスバームは有名オーガニックブランドのバームと成分が似ている?!

以前、ハピネスバームをご紹介したときに詳しくお話させていただきましたが、簡単にハピネスバームについてお話しますね^^

ハピネスバームは、皮膚病で悩む我が子のために完全オーガニックにこだわって作られました。
ローズヒップ油やミツロウのほかに、月見草油、トウキンセンカ花油、セイヨウオトギリソウ油など、10種類の薬草と精油の天然成分を配合しています。

ハピネスバームでは、世界的な薬草学や漢方薬の権威である博士が考案したレシピで作られているため、西洋アロマ文化と東洋漢方文化のそれぞれいいところが合わさったバームになっているんですよ♪

完全オーガニックにこだわって作られたハーバルバーム

ハピネスバームは、「ニキビがなかなか治らない、肌荒れが気になる、乾燥肌、肌がザラザラする、敏感肌」などに特におすすめだそうですが、ちょっとした擦り傷などのケガや虫刺され、手指の荒れなど、とにかく肌荒れや肌トラブルだけではなく、なんにでも使えるバームなんです!

オーガニックボタニクスの万能バームと成分を比較してみました

実は、お試しサイズを使っているときに思ったのですが、ハピネスバームってオーガニックボタニクスの人気アイテムでもある万能バームになんとなく似ているなぁと印象を持ったんです。

そこで、もしかしたら・・と思って、成分を調べてみました!

ハピネスバーム全成分

まずは、ハピネスバームの全成分からご紹介しますね。

ハピネスバームの全成分

ミツロウ、ローズヒップ油、月見草油、トウキンセンカ花油、セイヨウオトギリソウ油、シア脂油、パルマローザエキス、ラバンデュラハイブリダ油、ローズマリー葉油、ティーツリー葉油、ミドリハッカエキス、オオバナノセンダングサエキス

一方、オーガニックボタニクスのバームの全成分はこちらです。

ヒマワリ種子油、トウキンセンカエキス、セイヨウオトギリソウエキス、ミツロウ、ティーツリー油、ローズマリー葉エキス

ハピネスバームのベースは「ミツロウ、ローズヒップ油、月見草油」ですが、オーガニックボタニクスのバームは「ヒマワリ種子油」が使われているので、ベース自体は使っているものが違いますが、基本的にどちらも

肌の柔軟性、抗炎症作用、乾燥肌などの肌トラブルの改善、保湿

と、使っている素材こそ違いますが作用などには共通点があります。

オーガニックボタニクスのバームは、配合されている成分が少ないですが、ハピネスバームはオガボタのバームに配合されている成分は、ヒマワリ種子油以外は全て配合されているようです。

ただし、オガボタはそれぞれの植物エキスを配合しており(ティーツリー油は精油ですが)、ハピネスバームは、トウキンセンカ花油、セイヨウオトギリソウ油、ローズマリー葉油は、精油を使用している違いはあります。

成分的にも似ているから、オガボタのバームとなんか似てるって感じたのかもしれないですね^^

植物エキスと精油(エッセンシャルオイル)の違いって?

植物エキスと精油(エッセンシャルオイル)って何がどう違うのか?についてなのですが。

簡単に説明すると

●精油(エッセンシャルオイル)とは
植物の花、葉、種子、果皮、樹皮などから、芳香物質を抽出した100%混ざり気のない天然の液体のこと。
●植物エキスとは
植物を、オイルやアルコール、BGなどに漬け込んだ液体のこと。

なのですが、植物エキスのイメージとしては「梅酒」とか、「ガーリックオイル」などと同じような感じと思っていただけるとわかりやすいかと思います^^
オイルやアルコールに、植物を漬け込んで、植物のエキスを溶けこませるってことですね^^)

精油は、抽出するものによっても違いはありますが、「水蒸気蒸留法」や「圧搾法」で抽出することが多いです(安い精油などは、有機溶剤を使用して抽出することもあるみたいですが、ここではそれは除きます)

精油と植物エキスの濃度ですが、精油は混ざり気がないため濃度を100%とすると、植物エキスはオイルなどに漬け込んだ液体ですので、精油よりも濃度は低くなります。
その分、肌への刺激なども低くなって穏やかな使い心地になるのですが、精油は100%混ざり気がなく植物のパワーがそのまま凝縮されていますので、植物エキスと比べると肌などにもダイレクトにそのパワーが届きます。

どちらも一長一短なので、どっちがいい、どっちが悪いということではありませんが、そういう違いがあるんですね^^

乾燥がひどい部分、乾燥からくる肌のかゆみ、ザラつき、手荒れにやさしくすり込んであげると効果的

と、前置きが長くなってしまいましたが^^;、ハピネスバームのお気に入りな使い方をご紹介したいと思います^^

ハピネスバーム

なんだか今季は、すごく肌の乾燥がひどいんですが、特に眉間のところと、頬、口の周りの乾燥がひどくて。
あまりに乾燥がひどい日は、肌のお手入れをした最後に、ハピネスバームを眉間、頬、口の周りに、あまり刺激を与えないようにやさしくすり込んでいます。

それと、日中なども乾燥がひどくて顔にかゆみが出てきてしまったり、肌が敏感になっているせいで髪の毛が顔にかかると、その部分がすごくかゆくなってしまったりするんですが、そういうときにかゆみが出ている部分にすり込んだり、ヒジやヒザ、かかとなどが白く粉を吹いてしまっているときに使ったり、かかとのひび割れや、手あれにもガンガン使っています^^

特に肌がかゆいときに使うと、かゆみが引いてくれるのでお気に入りです!

使用感も、ベタつきはないし(ただちゃんと肌になじませないとベタつきが気になるかも)、バーム自体もやわらかいので扱いやすいし、何よりも容器が小さいので家だけではなくお出かけ時にも手軽に持っていけるのが気に入ってます!

外出先で今すぐ使いたい!っていうときも、サッと使えるんですよね^^
こんなに小さいのに、肌トラブルのときのレスキューアイテムとして活躍してくれるんですよ♪

それと、私はニキビには使ったことがないので、実際のところはわからないのですが、ハピネスバームはニキビや背中ニキビにも効果が期待できるみたいです!

まずはお試しサイズ500円から使ってみるのがおすすめ!

初めて使う方は、最初は肌に合うあわないがあると思いますので、500円のお試しから使ってみるといいと思います。
500円で送料無料です!

容量は6gと、少ないように感じますが、コスパもいいので色々使うことができますよ!^^

肌荒れ、手荒れ、ニキビ、花粉症による肌のかゆみ、乾燥肌、敏感肌の肌トラブルがある方は、ぜひチェックしてみてくださいね♪

>>>ハピネスバーム

お試しサイズについては、こちらを参考にしてみてください^^

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク