ハイドロキノンとオーガニックコスメを併用するのは、あり?なし?

新しく生まれ変わるHANAオーガニックの3つのキーポイント「自律神経、酸化、常在菌」について

前回、「オーガニックコスメとケミカルコスメの美白ケアの違いと美白ケアの方法は?」についてお話しましたが、今日は「ハイドロキノンとオーガニックコスメの併用」について、HANAオーガニック代表の林田さんに、詳しく教えていただきましたのでご紹介したいと思います!

>>>HANAオーガニック/a>

美白成分ハイドロキノンについて、敏感肌さんがハイドロキノンとオーガニックコスメを併用する際の注意点などもご紹介しているので、参考にしていただけるとうれしいです^^

スポンサーリンク

美白成分で人気のハイドロキノンとは?

ケミカル系の美白化粧品に配合されている美白成分「ハイドロキノン」は、アメリカでは「肌の漂白剤」として人気のある美容成分です。
日本でも最近シミを消せる美白成分として人気がありますが、以前は医師の処方のもとに使用することが可能な成分でした。
しかし、2001年の薬事法の規制緩和で化粧品にも使用することが可能になったんです。

ということは、現在は薬事法の規制緩和で化粧品に使用することができるようになったとはいえ、もともとは医師の処方がないと使えなかったのですから、作用の強い成分であることがわかります^^;

実際、ハイドロキノンは他の美白成分よりも100倍以上の効果があるとも言われています。
(単純に考えると、ハイドロキノンってすごい!となりますが、裏を返すとそれほどの作用があるのはちょっと怖い気もしますね・・・)

先日も「メラニン色素がシミやくすみの原因になるのは?」でお話したように、チロシナーゼという酵素によって、メラニン色素に変化しますが、ハイドロキノンは、このチロシナーゼの働きを阻害する作用と、メラニン色素を作り出すいわば工場といえるメラノサイトそのものに働きかけることで減少させる効果を期待することができる成分です。

ハイドロキノンは、酸化(シミ)を還元することで、メラニンの色を薄くする働きもあるため、すでにできてしまっているシミにも効果が期待できると、ケミカル系美白化粧品では人気があるんですね。
(できてしまっているシミだけではなく、これからできるシミを予防することもできるようです)

美白成分ハイドロキノンとオーガニックコスメの併用は?

さて、そんなハイドロキノンとオーガニックコスメの併用につい、HANAオーガニック代表の林田さんに詳しくお話をお伺いしましたので、詳しくご紹介したいと思います!

一般的な結論から言えば、ハイドロキノンとオーガニックコスメを併用することに関しては「問題はない」そうです。

ただし、林田さんが留意点としてあげたいことは、

ハイドロキノンは、かなり化学成分の中でも強い成分であるため、天然由来で複雑な成分から成り立っているオーガニックコスメとの併用は、場合によっては化学反応を起こし、効果が現れにくくなったり刺激性が高まる可能性があるということ。

通常、メーカーは処方するそれぞれの成分の相性を見ながら「効果を打ち消し合っていないか、また刺激性が増していないか」などを、確認しながら処方を決定していくんだそうです。

だから、異なるメーカーの化粧品を組み合わせるということ(ハイドロキノンとオーガニックコスメを併用すること)は「自己責任」になるということになるんですね。
言われてみれば、それはごく当たり前のことですよね^^

それと、「ハイドロキノンを薬用ではなく化粧品で配合しているものの中には、かなり量を多く配合しているものがある」ということです。
その場合、先ほどもお話したように、ハイドロキノンとオーガニックコスメの成分が化学反応を起こしてしまうリスクが高まるように感じるそうです。

ただ、効果に関しては打ち消し合う場合もあれば、効果を高めあう場合もあるので、正直なところこれに関しては未知数なんだそうです。

ですので、

  • 敏感肌 ⇒ ハイドロキノンとオーガニックコスメの併用は「やめておいたほうがいい
  • 敏感肌以外の肌質(肌が強い方) ⇒ ハイドロキノンとオーガニックコスメの併用は「刺激を感じなければ問題はない

ということになりますが、これはあくまでも目安ですので、ハイドロキノンとオーガニックコスメを併用する場合は、「自己責任」にて併用をしてください。
また、これは当たり前ですが少しでも刺激を感じた場合は、併用するのをすぐに中止してくださいね!

ハイドロキノンとオーガニックコスメを上手に併用するには?

美白成分ハイドロキノンやレチノールなどの、悩みに対応する化学成分を使用しながらオーガニックコスメも使いたい!という場合の上手な併用の方法も林田さんから教えていただきました^^

ハイドロキノンやレチノールなどの悩みに対応する化学成分は、悩みの場所に部分的に使う
顔全体のくすみ対策、シミ予防、肌の弾力を高めるなどの目的ではオーガニックコスメを使う

ことがおすすめです^^

シミができるメカニズムやくすみ、弾力不足などの原因は、原因が1つではなく、とても複合的なものが多いですよね。
そういう意味でも、植物の成分は複雑な成分から組成されているため、オーガニックコスメのほうが根本的なアプローチが可能になると考えられるそうです!

こういった複合的な肌悩みの原因って、やはりオーガニックコスメの得意とするところだなぁと私も思います^^

併用についてのまとめ

ということを知った上で、ハイドロキノンとオーガニックコスメの併用は

敏感肌さんはなるべく併用はしないようにする。
どうしても併用する場合は、気になる部分(シミなど)にピンポイントでハイドロキノン配合の化粧品を使い、顔全体のケアはオーガニックコスメを使う。

と、いいそうです!

これからの季節、オーガニックコスメを使っている方でも、ハイドロキノンなどの美白化粧品が気になってくるかもしれません。
そういうときは、ぜひ、林田さんからお聞きした内容を思い出して、上手に使い分けしてみてくださいね^^

※ハイドロキノンとオーガニックコスメの併用に関して、HANAオーガニック代表の林田さんに詳しく教えていただきました。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク