Tea totalのフルーツティー ストロベリー&キウイを飲んでみました!

ブリリアントさんで購入したTea totalのフルーツティー3種類の中から、今日は「ストロベリー&キウイ」をご紹介したいと思います!

Tea total フルーツティー ストロベリー & キウイ
>>>Tea total / フルーツティー / ストロベリー & キウイ

この間、ベリーピーチクランブルをご紹介しましたが、Tea total社のフルーツティーってどれも果実がゴロゴロとたくさん入っていて、味もとっても美味しくて飲みやすくて家族みんなでハマっています♪

スポンサーリンク

ニュージーランドの象徴、キウイとストロベリーがゴロゴロ!なフルーツティー

ニュージーランドの果物と言えば、真っ先に思い浮かべるのが「キウイフルーツ」ですが、そのキウイとストロベリーの果実がゴロゴロとたくさん入っているフルーツティーです。

Tea total フルーツティー ストロベリー & キウイ

キウイとストロベリーのほかにも、ローズヒップ、アップル、オレンジの皮など、ビタミン豊富なフルーツティーなんですよ♪

「ティー」と名前がついていますが、茶葉は使用していませんので、もちろんノンカフェイン
妊婦さんや授乳中の方、小さなお子さんにも安心して飲めます^^

ローズヒップの酸味と、ストロベリーのいい香りがするフルーティーな味

ストロベリー&キウイも、作り方は他のフルーツティーと同じく、大さじ1杯で約200ml作ることができます。

Tea total フルーツティー ストロベリー & キウイ

Tea total社のフルーツティーって、缶を開けた瞬間からホレボレしちゃうくらいの香りの良さなんだけど、ストロベリー&キウイも、かなりいい香りがします!

ストロベリーの甘い美味しそうな香りと、本当にほんのりとキウイの香りもするし、オレンジピールやレモンピールも配合されているため、柑橘系の香りもするのですが、それがどれもマッチしていて、本当にいい香りなんです♪

上の写真のようにお湯を注ぐと、さらにフワーッといい香りが部屋中に広がって部屋中いい香りがするんですよ♪

Tea total フルーツティー ストロベリー & キウイ

私は、ストレーナー付きのマグでいつも1杯分ずつ作っていますが、お湯を注いだらフタをして6~10分ほど蒸らせば出来上がり。

上の写真で、点線で囲んである部分を見てもらうとわかりますが、果実などのエキスがぐんぐん出てきてるのがわかるかしら?^^

Tea total フルーツティー ストロベリー & キウイ

写真だとちょっとわかりづらいかもしれませんが、お茶の色はストロベリーのような真っ赤な色になります。
鮮やかな赤というよりも、深みのある赤色。

お味ですが、ローズヒップの酸味も感じられますが、ローズヒップティーよりも酸味はマイルドなので、ローズヒップティーを飲みたいけど、酸味が苦手・・・という方には、ストロベリー&キウイのフルーツティーはオススメです♪

ストロベリーの味が結構強めでキウイは、ほんのりとキウイの味がする程度です。
ほどよい酸味もあり、ストロベリーの甘さもありなので、ベリー系のお茶が好きな方は気にいると思います♪

Tea total フルーツティー ストロベリー & キウイ

最近は、暑い日が多いのでついつい冷たいものを手にしてしまうのですが、ストロベリー&キウイも、アイスティーにしてもとっても美味しいです!
今の季節は、ホットで飲むよりもアイスにして飲んだほうが私は好きかも^^

実は、Tea total社のフルーツティー、家族みんなでハマってるんですが、その中でも特に長男がすごくハマっていて(笑)

今、ちょうど高校の期末テスト期間で(今日で終わり)、毎日テスト勉強をしていたんですが、テスト勉強しながらフルーツティーをアイスにしてゴクゴク飲んでました^^
Tea total社のフルーツティー、かなりお気に入りのようです♪

購入はこちら>>>Tea total / フルーツティー / ストロベリー & キウイ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク