UVケアする必要性と紫外線(A波、B波、C波)について知ろう

UVケアする必要性と紫外線(A波、B波、C波)について知ろう

紫外線は、お肌の大敵!とわかっているのに、うっかり日焼けしてしまったりUVケアがおろそかになってしまったりしませんか?

特に敏感肌の人は、日焼け止めが肌に合わないことも多く、肌に合わないなら日焼け止めはしなくていいわ・・・と思いがち。

ですが、紫外線対策をしているかどうかで5年後、10年後の肌が大きく変わってきてしまいます。

そこで、まずはUVケアする必要性と紫外線それぞれの特長を知り、紫外線対策に取り入れましょう♪

スポンサーリンク

なぜUVケアをする必要があるの?

日焼け止めなどのことをUVケア製品などと言いますが、そもそもこの「UV」は、「ウルトラ バイオレット レイ」の略で、紫外線のことを言います。

なぜ紫外線対策が必要なのかというと、肌の老化を早めてしまうから。

紫外線を浴びると、肌は肌自身を守ろうとメラニン色素をつくりだすんですが、これがうまく排泄されないと、シミの原因になったりします。

また、紫外線が真皮にまで到達すると、肌の弾力を保っているコラーゲンを傷つけてしまうことも・・・。

ちなみに、肌の老化の原因の80%は、紫外線だとも言われているんです・・・。

紫外線は目に見えませんし、どのくらい浴びたかも実感として得られないため、油断しているとある日突然、肌の老化として現れてしまいます。

そのために日焼け止めなどのUVケア製品を使って、紫外線対策をするんですね^^

紫外線には3つの種類があります

紫外線には、紫外線A波、B波、C波と3種類あります。
そのうち、気をつけなければいけない紫外線は、紫外線A波とB波

  • A波(UV-A)・・・生活紫外線
  • B波(UV-B)・・・レジャー紫外線

と言われています。

紫外線には3つの種類があります

紫外線A波(UV-A)について

全紫外線の90%を占めるのが紫外線A波(UV-A)。

雲やガラス、衣類も透過する性質をもち、くもりの日でも室内でも常に私たちの身近に存在する紫外線です。

皮膚も透過して真皮まで到達するため、シミやシワの原因になります。

紫外線B波(UV-B)について

全紫外線の10%以下ですが、エネルギーが強いため火ぶくれになる日焼けや皮膚がんの主な原因と言われている紫外線です。

紫外線B波(UV-B)は、A波とは違い、雲などでさえぎられます。
B波は真皮の深いところまでは到達しません。

ですが、シミやシワなどの肌老化の原因になります。

紫外線C波(UV-C)について

地上にはほぼ到達しない紫外線。
ですので、気にすることはない紫外線ですね^^

・・・・・

今の日焼け止めは紫外線A波(UV-A)と、紫外線B波(UV-B)どちらも防止できるものがほとんどです。

日焼け止めを選ぶときは、

A波とB波のカット効果がどのくらいあるのか?

も選ぶ目安になると思いますが、こちらについてはまた詳しくお話しますね^^

「敏感肌でもオーガニックコスメを使いたい」で掲載していた記事を加筆して掲載しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク