美容や健康にいいアマニ油がサプリに!うるリノレン1週間分が500円でお試しできます!

うるリノレン

夫がずっと愛飲している酵素サプリ「OM-X」を販売しているオーエムエックス社の、オメガ3系をたっぷり摂取できるサプリメント「うるリノレン」1週間分のお試しセットを試してみました!

うれしいことに、7日分21粒入りが500円でお試しできるんです!^^

詳細はこちらうるリノレン

オメガ3系といえば、美容にも健康にもいいと言われているので、アマニオイルを料理に足したりしている方も多いと思いますが、加熱してしまうと有効成分は壊れてしまうし、酸化スピードが早い油なので扱いづらいんですよね。

できれば手軽に続けたい・・という方に、まさにピッタリ!なサプリメントだと思います。

私もアマニオイル系のサプリを飲みたいなぁと思っていたんですが、今回はかなり信用できるオーエムエックス社から発売ということで早速1週間続けてみました♪

スポンサーリンク

オメガ3系のアマニオイルやえごま油などの植物オイルを凝縮した「うるリノレン」

うるリノレンは、有機JAS認定オーガニック認証のアマニ油、えごま油、エキストラヴァージンオリーブ油、アボカド油など、全部で8種類の植物オイルを凝縮したサプリメントです。

配合されているアマニ油は、最後まで高温を加えない低温圧搾法で抽出された油で、未精製の生オイルを使用しています。

うるリノレン

1日あたりの摂取目安量は3粒なのですが、1日分ずつ上の写真のように個包装になっています。

この1日分でオメガ3系脂肪酸の1日の摂取量を補うことができるんですよ♪
実際にサプリではなく食品で補おうとすると、結構な量を食べなくてはいけないので、これは便利ですよね♪

また、オメガ3系脂肪酸は、加熱すると酸化によって効果が激減してしまうため、生のオイルがギュギュッと凝縮されたサプリで取るのは効率がいいように思います。

では、なぜアマニ油(オメガ3系脂肪酸)が健康や美容にいいと言われているのかなどについて少し詳しくお話しますね^^

そもそも油を摂取するのって身体に悪いんじゃないの?

油ってなんとなくのイメージとして、あんまり摂取しちゃうと身体に悪いのでは?と思っている方もいると思うんですが、油には人間にとって「いい油」と「悪い油」があります。

この「いい油」と言われているのが「必須脂肪酸」を含む油
必須脂肪酸は、身体の機能を働かせるとっても大切なものです。

この必須脂肪酸をしっかりと摂取しないと、肌荒れが起こってしまったり、疲れが取れなかったり、頭痛がしたり・・など、身体にも美容面でもさまざまなトラブルを引き起こす原因となってしまうんです。

必須脂肪酸には「オメガ3」「オメガ6」の2種類 積極的に摂取したいのは「オメガ3」!

必須脂肪酸には「オメガ3」「オメガ6」の2種類があります。

この2種類のうち、積極的に摂取したいのが「オメガ3」
オメガ3は、青魚などの脂肪や、アマニオイル、エゴマオイルなどに多く含まれている不飽和脂肪酸で、

  • 肌のうるおいを保つ
  • 悪玉コレステロールをやっつける
  • 血液をサラサラにする

など、身体はもちろんなのですが、肌にもとてもいいんです。

ちなみに、青魚に多く含まれているオメガ3は「DPAやEPA」で、アマニオイルやエゴマ油に多く含まれているオメガ3は「αリノレン酸」と言われていて、これらがオメガ3の代表格になっています。

また、必須脂肪酸を多く含む油は、体内に蓄積されにくいため、ダイエットにもいいし美肌にもいいと言われているんですよ^^

ほかにも、必須脂肪酸をバランスよく摂取すると、肌のツヤなどがかなり改善されると言われているのですが、必須脂肪酸は体内への吸収がとてもよくて、体内に取り込みやすいからなんだそう。

きちんと続けて摂取することによって、肌荒れの症状がおさまったり、疲れにくくなったり、白髪が減ったり・・・などの身体や肌への変化も実感できるとも言われているんです!

必須脂肪酸はオメガ3と6だとお話しましたが、オメガ6というのは現代の食生活ではいちばん摂取しやすいため、過剰に摂取してしまっていると言われています。

摂取しすぎてしまうと、中性脂肪や血中コレステロールを増やすと言われています。
確かに現代ではそれらが病気の原因とも言われていますよね。

オメガ6は意識せずとも過剰摂取になりがちなため、必須脂肪酸をバランスよく摂取するためにはオメガ3系の油を意識して摂取していかないといけないんですよね。

ちなみに、オメガ9も聞いたことがあると思いますが、オメガ9は必須脂肪酸ではありません。
ですが、オメガ9も身体にとってとても大切ですので、意識して取り入れていきたい油です^^

オメガ3の特徴
代謝アップや美肌効果、脂肪肝や動脈硬化予防など

オメガ6の特徴
摂取しすぎると中性脂肪、血中コレステロールの増加

オメガ9の特徴
オレイン酸を含んでおり、悪玉コレステロールを減らす、血液をサラサラにする、動脈硬化予防など

オメガ3系のアマニ油にはα-リノレン酸が豊富!

先ほどもお話したように、アマニ油やエゴマ油には「αリノレン酸」を多く含んでいます。

αリノレン酸とは
αリノレン酸は、健康にいいと言われている油の成分のひとつ。
多価不飽和脂肪酸に分類されており、多価不飽和脂肪酸は人間の身体では作ることができません。
そのため、食品から摂取する必要がある必須脂肪酸に指定されています。
αリノレン酸は体内でDHAなどに変化し、血流の改善や動脈硬化の予防に効果があると言われ、ほかにもアレルギーの抑制、老化予防などにもいいと言われています。

αリノレン酸は、残念ながら体内で作ることができない必須脂肪酸で、年齢を重ねていくとαリノレン酸はどんどん減少していってしまいます。

だからこそ、年齢を重ねるごとに食品からαリノレン酸を摂取しなければいけないのですが、現実問題としてなかなかそれは難しいですよね^^;

不飽和脂肪酸「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」の3つの油をバランスよく!

油についてやオメガ3、6、9についてお話してきましたが、不飽和脂肪酸であるオメガ3、6、9はどれかひとつだけたっぷり摂取すればいいというわけではありません。

やはりそれぞれをバランスよく摂取することがいいのですが、先ほどもお話しましたが現代ではオメガ6が過剰摂取になりがちだし、オメガ9も割と摂取していたりします。

だからこそ、オメガ3を意識して積極的に摂取していかないといけません。

そこで、うるリノレンです。

うるリノレンは、オメガ3のアマニオイルをはじめ、オメガ6、オメガ9の油がバランスよく配合されています。

全成分はこちらです。

うるリノレン

αリノレン酸のほかにも、γ-リノレン酸、オレイン酸、パルミチン酸、リノール酸などの美容や健康にいいと言われている脂肪酸もたっぷり配合されています^^

オイル以外の成分ですが、

  • デンプン:タピオカ
  • カラギナン:紅藻類
  • グリセリン:ヤシ、ココナッツ

になっていて、これら3つはカプセルの原料になっています。

カプセルも植物性なのはうれしいですよね!!

油の味が苦手でも大丈夫!カプセルタイプだからつるんとしていて飲みやすく味もしません!

うるリノレンは、黄金色っぽいカプセル状になっています。

うるリノレン

写真だとわかりづらいと思いますが、グミみたいにぷよぷよしているんですよ^^

大きさは、国産の中では大きめではありますが、つるつるしているので飲みづらさはありません。
(私は大きな錠剤などが苦手なので海外製のものは飲めないものが多いんです・・・)

大きな錠剤が苦手な私でも1粒1粒飲めば全く問題はありませんので、大きめの錠剤が苦手な方は飲む際に1粒ずつ飲んだほうがいいと思います^^

カプセルでしっかりオイルを包んでいるため、アマニオイルなどの味は全くしません。
ただこれはカプセルの材料の味なのかな、ちょっと甘い味がしますがまずくないしすぐに飲み込んでしまうので気になりませんよ^^

1週間うるリノレンを飲み続けてみて

実際に1週間、1日3粒ずつ飲んでみたのですが、正直なところ劇的な変化は感じられませんでした。

やっぱりサプリなので、1ヶ月単位で飲み続けないとダメだと思いますが、1週間のお試しを飲んでみてから現品を購入したほうがいいと思います。
サプリとはいえ、合う合わないはやっぱりありますもんね^^;

アマニオイルのサプリを探していた私としては、現品を試してみたいと思いました!

先月44歳になり、今まで以上に美容はもちろんですが健康にも注意するようになったので、上手に取り入れていきたいなと思います!

アマニオイルのサプリを探していた方など、1週間分を500円でお試しできますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

詳細はこちらうるリノレン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク