日焼け止めに書かれているSPF、PAについて知ろう

日焼け止めに書かれているSPF、PAについて知ろう

日焼け止めには必ずパッケージなどに書かれている「SPF」と「PA」。
これを「サンケア指数」と言いますが、この2つについて詳しくお話したいと思います。

サンケア指数とは
肌への影響のある紫外線(UV-A、UV-B)を防ぐ効果をわかりやすく数値にしたもの。

UV-A、UV-Bについては、こちらに詳しくご紹介しています。
参 考 記 事UVケア対策*UVケアする必要性と紫外線(A波、B波、C波)について知ろう

スポンサーリンク

紫外線B波(UV-B)をカットするのがSPF

SPFは、Sun Protection Factorの略で、UV-Bを防ぐ効果を表す数値になります。

紫外線B波(UV-B)は、エネルギーが強いため、赤くなってヒリヒリする日焼け(これをサンバーンと言います)を起こしてしまいます。

SPFは、何も塗っていない状態に比べて、サンバーンを起こす状態になるまでの時間を何倍にのばせるかの目安になります。

SPF1=20分となりますので、SPF30の場合は、

30(SPF数値)✕20(分)=600分

という計算になります。

SPF30の日焼け止めだと「600分も紫外線をはじいてくれるんだ!」と思ってしまう方もいるかと思いますが、実はそうではないのです^^;

SPF30の日焼け止めを塗っていれば、その間だけは皮膚が赤くなってヒリヒリする日焼けにはならないよ、ということなんです。

完全にUV-Bをシャットアウトする時間を表しているという意味ではなく、あくまでも肌が赤くなってしまうのを防ぐ目安ということです。

SPF30の日焼け止めを塗っていても、

少しずつ紫外線を浴びてしまっている=少しずつ日焼けをしている

ということになります^^;

これ、実は私、勘違いしていました。
てっきり、SPFの数値は紫外線を完全に防いでくれる目安かと思っていたんです^^;

もしも、私のように勘違いしてた!という方がいましたら、ここでしっかり覚えておきましょう♪

紫外線A波(UV-A)をカットするのがPA

PAは、Protection Grade of UV-Aの略で、UVAPF(UVA Protection Factor of Productの略)の数値を目安にしたものです。

PAは数字ではなく、「+(プラス)」の数でUV-Aを防ぐ効果を表す数値になっています。

紫外線A波(UV-A)は、真皮にまで到達して肌にダメージを与えて老化を促進してしまいます。

何も塗っていない部分の肌と比較して、即時型黒化を起こすまでの時間を何倍にのばせるかを指標したものです。

即時型黒化とは
UV-Aを照射して2~4時間後に皮膚が黒く変化する現象のこと

以前はこの指標となる+(プラス)が最大で「+++」まででしたが、現在は最大で「++++」になりました。

  • PA+ : 効果がある
  • PA++ : かなり効果がある
  • PA+++ : 非常に効果がある
  • PA++++ : 極めて高い効果がある

のようになっています。

日焼け止めの量に気をつけないと日焼け止めを塗っている意味がなくなってしまうことも

日焼け止めに表示されているSPFの数値ですが、1平方センチメートルの皮膚に対し、2mgの日焼け止めを塗布したときの数値になります。

これってどのくらいの量なのかというと、顔全体で500円玉大(直径5センチくらいの量)になるそうなんです。

かなりの量を使わないと、表示どおりの効果は期待できないということですよね。

実際に女性が普段日焼け止めを使用している量は、平均すると4分の1くらいしか塗っていないんだそうです。

単純に4分の1しか塗っていない場合は、SPFの効果も4分の1になると思いますよね。

ですがそうではなく、効果は16分の1まで下がってしまうんだそうです!

例えば、SPF30の日焼け止めを規定量の4分の1しか塗っていない場合、実際には「SPF1」まで下がってしまうんです。
これでは、日焼け止めを塗っている意味がありませんよね(汗)

ちょっとこれは多いな・・・と思う量でも、日焼けをしたくない場所や日焼けしやすい場所には、たっぷりと日焼け止めを塗っておきましょうね^^

「敏感肌でもオーガニックコスメを使いたい」で掲載していた記事を加筆して掲載しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク