バネッサ ミーガン「ローズヒップ リバイタルフェイスオイル」は肌のハリ、たるみ、くすみ、毛穴が気になる方におすすめ

バネッサ ミーガン「ローズヒップ リバイタルフェイスオイル」

バネッサミーガンのローズヒップオイル「ローズヒップ リバイタルフェイスオイル」をお試しさせていただきました!

詳細はこちらバネッサミーガン ローズヒップ リバイタルフェイスオイル

ローズヒップオイルは、シミや肌のくすみ、エイジングケアにもいいので、私くらいの年齢の方は、気になるアイテムではないでしょうか^^
お試しさせていただいているローズヒップ リバイタルフェイスオイルは、ローズヒップ100%のオイルではなく、ローズヒップオイルをベースに肌にいいと言われているオーガニックオイル3種をブレンドしたオイルになっています。

まだ全部使い切ってはいないのですが、2週間ほど使ってみたので詳しい使い心地などをご紹介しますね^^

スポンサーリンク

ビタミンの爆弾「ローズヒップオイル」と肌にいいといわれる3つのオイルを配合した美容オイル

バネッサミーガンのローズヒップリバイタルフェイスオイルは、ローズヒップオイルをベースに、ローズマリー葉油、インドレモングラス油、ベチベル根油(ベチパー)の3つのオイルをブレンドした美容オイルです。

肌のハリやツヤ、小じわ、肌のたるみ、毛穴が気になる方におすすめの100%認定オーガニックなオイルなんですよ♪

バネッサ ミーガン「ローズヒップ リバイタルフェイスオイル」

バネッサミーガンについては以前詳しくご紹介しているのですが、原料にもすごくこだわりを持っているオーストラリアのオーガニックブランドです。

バネッサミーガンの詳しいご紹介はこちらを参考にしてください。
参考記事バネッサーミーガンは、オーガニックコスメ先進国のオーストラリアで誕生した上質なオーガニックコスメ

全成分はこちらです。

100%認定オーガニック
*ローズヒップ油、*ローズマリー葉油、*インドレモングラス油、*ベチベル根油(ベチバー)
(※)*オーガニック認証成分

配合されているそれぞれのオイルについて簡単にですが、肌にどのようにいいのかご紹介していきたいと思います♪

ローズヒップ油

ローズヒップは、野バラの実のことをいうのですが「ビタミンの爆弾」と言われるくらい。ビタミンを多く含んでいます。
なかでもビタミンCは、レモンの20〜30倍もの含有量を誇っているんです!

昔は傷の治療に利用されていたり、中国の漢方では「金桜子(きんおうし)」と呼ばれ、腎臓や泌尿器系のトラブル時に服用されていたそうです。

野バラの種子から抽出したオイルがローズヒップオイルで、このローズヒップオイルには天然美白成分の「レチノイン酸(ビタミンA酸)」が豊富に含まれているため美白にも効果が期待できると言われています。

また、炎症を抑えて肌の再生をうながす働きがあるので、特に小じわ、肌のたるみといったエイジングにいいと言われているんです♪
ただ、酸化しやすいため、封を開けたら早めに使うのがおすすめです。

ローズマリー葉油

ローズマリーは、オーガニックコスメでは防腐剤として配合されることが多いのですが、収れん作用や血行促進作用があるため、特にエイジングやオイリー肌のケアに向いていると言われています。
また、くすみやたるみが気になる肌にも、肌の透明感をアップさせて肌に活力を与えてくれる作用もあるんですよ♪

インドレモングラス油

インドレモングラス油って初めて聞いたのですが、多分これはレモングラスの原産地がインドとスリランカなので、インドレモングラス油としているのかな?と思います。
レモングラスは、皮膚にハリを与えてくれ、開いた毛穴を引き締めるのにもいいと言われています。
ニキビにもいいと言われており、皮脂の分泌をバランスよくしてくれる作用があります。
また、抗菌力がすぐれています。

ベチベル根油(ベチパー)

ベチパーは、ニキビや吹き出物にいいと言われていて、そのほかにも疲れた肌やかたくなった肌、エイジングケアにも向いています。

***

ローズヒップ リバイタルフェイスオイルは、エイジングケアや、小じわ、たるみ、肌のハリ、毛穴の開きにいいというのがわかりますよね^^

酸化しやすいローズヒップだからスポイトではなくプッシュ式容器になっています

ローズヒップオイルは、不飽和脂肪酸のオメガ3と6、飽和脂肪酸のオメガ9を含むオイルなのですが、その中のオメガ3は酸化しやすく熱に弱いのが特徴です。
亜麻仁油やえごま油もオメガ3が含まれているため、酸化しやすいですよね。

そのため、ローズヒップオイルは酸化しやすいオイルなので、封を開けたら早めに使いきらないといけません。
トリロジーなどのローズヒップオイルはフタがスポイトになっているんですが、バネッサミーガンのオイルはなるべくオイルが空気にふれないようにプッシュ式の容器になっています。

ローズヒップ リバイタルフェイスオイル

たとえプッシュ式にしても使い出したら早めに使うほうがいいのですが、フタを開けて取り出す容器よりもプッシュ式のほうが空気に触れることが少ないため、酸化スピード遅くなるから使う私たちはうれしいですよね♪

ローズヒップ リバイタルフェイスオイルの使い心地と気になる香りは?

1度ローズヒップオイルを使ったことがある方は、ローズヒップオイルの生臭いような魚臭いような香りが苦手な方も多いと思いますので、ローズヒップ リバイタルフェイスオイルの使い心地をお話する前に、先に香りについてお話しておきますね^^;

バネッサミーガンのローズヒップ リバイタルフェイスオイルは、ローズヒップオイル100%ではないためローズヒップオイルの独特な香りも薄まっています
(でもローズヒップオイルの香りは、ある程度主張してますので、あの香りが本当に苦手・・・という方は、やはり厳しいと思います)

ローズヒップ リバイタルフェイスオイルの香りは、ローズヒップオイルの香りに草のような香りと(多分ベチパーとローズマリーかな)、インドレモングラスの柑橘系の香りがほのかにしてます。
決していい香りとは言えないし、ローズヒップオイルの独特な香りが苦手な人だとちょっと厳しいかなと思いますが、ローズヒップ100%のものよりも香りはマイルドになっているため使いやすい香りになっています。

そして、使用感ですが。

バネッサ ミーガン「ローズヒップ リバイタルフェイスオイル」

濃いオレンジ色をしていて、サラッとしたオイルです。
使用量は1〜2プッシュ分なんですが、なるべく早く使い切りたいので私は2プッシュ使っています^^

肌になじませると、スーッと浸透してくれてあっという間に肌に吸い込んでいくような感じです。
肌になじませた後もべたつくことがなくてしっとりしながらも、肌表面はサラッとしてます。

使った翌日の朝は肌がぷりっとしているというか、肌にいつもよりもハリが出ているように感じるし、肌がいつもよりもやわらかくなったように感じるんですよね。
毎日使っていると、肌の触り心地がやわらかくなってきてくれるのでかなり助かってます^^

どうしても乾燥肌さんや敏感肌さんは肌がごわついたり季節によってはかたくなったような感じがしたりすることがあると思いますが、ごわついてるなと感じたときに使うと、さらに肌のやわらかさが実感できると思います!

それと、くすみ抜けについてなのですが、大きな変化はまだわかりませんがやっぱり最初に使い出した頃よりも今のほうが肌のくすみはなくなってきているように思います。
ただ、お手入れにくすみ抜けする美容液を一緒に使っているので、ローズヒップ リバイタルフェイスオイルのおかげなのかどうかがちょっとわかりづらいところなのですが・・・^^;

ローズヒップ リバイタルフェイスオイルを使うタイミングですが、いつもローズヒップオイルは洗顔後に化粧水をなじませる前に使うのが好きなので、ローズヒップ リバイタルフェイスオイルも洗顔後すぐに使っています^^

***

使用している原料にもとてもこだわって作られているバネッサミーガンのローズヒップブレンドオイル「ローズヒップ リバイタルフェイスオイル」は、私のようなエイジングケアをしたいと思っている方や、毛穴の開き、肌のくすみに何か対策をしたいなと思っている方におすすめです!

ぜひチェックしてみてくださいね♪

詳細はこちらバネッサミーガン ローズヒップ リバイタルフェイスオイル

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク