iHerbで購入!アルミニウム不使用!ナチュラル制汗剤「クリスタルボディデオドラント」

iHerb(アイハーブ)で購入したカリウムとミョウバンだけで作られた制汗剤がとってもいい!

iHerb(アイハーブ)で購入した「クリスタルボディデオドラント」の制汗剤2つが、汗の匂い対策にとってもよくて、購入してから毎日愛用しています!

詳細はこちらCrystal Body Deodorant, ロールオン・デオドラント 2.25 fl oz (66 ml)
詳細はこちらCrystal Body Deodorant, トラベルスティック デオドラント 1.5 oz 40 g

市販のデオドラント剤の多くは、「クロルヒドロキシアルミニウム」が配合されているから、アルミニウムの配合されているデオドラント剤を使うのはちょっと嫌だな・・と思いながら使っている方もいるかと思います。

今回ご紹介するクリスタルボディデオドラントは、懸念されるアルミニウムはもちろん、パラベンや香料などもすべて不使用ですので、アルミニウムが気になる方にとってもおすすめなナチュラルなデオドラント剤になっています。

今回は、ロールオンタイプとスティックタイプを使っていますので、こちら2つの詳しい使い心地などをご紹介したいと思います!

久しぶりのiHerb(アイハーブ)お買い物メモです^^今回は、カフェインレスコーヒーと、暑くなる季節に突入なのでデオドラント...

スポンサーリンク

クリスタルボディデオドラントについて

クリスタルボディデオドラントは、French Transit Ltd(フレンチ トランジット)社の社長がフランスを訪れた際に天然ミネラル塩と出会い、この天然ミネラル塩を用いてデオドラント製品を開発したのが始まりです。

French Transit Ltd社が設立された当初「安全な成分のみを用いて商品化を行う」という信念は現在でも引き継がれていて、クリスタルボディデオドラントシリーズは、アメリカやカナダを中心に世界中で販売されている、とても人気のあるブランドです。

私はアイハーブで購入しましたが、アイハーブでもとても人気のあるデオドラント剤で、口コミレビューもスティックタイプのほうは4000件を突破しています!

クリスタルボディデオドラントは、スプレータイプ、スティックタイプ、ロールオンタイプ、拭き取りタイプなどがあり、無香料のほか香りつきのものなど、いろいろな種類がありますので、自分にとって使いやすいものを色々選べるのもいいですよね♪

今回私は、スティックタイプとロールオンタイプのどちらも無香料を選びました。

では、それぞれ詳しくご紹介していきますね^^

クリスタルボディデオドラント トラベルスティック・デオドラントについて

クリスタルボディデオドラント トラベルスティック・デオドラントは、アルム石(ミョウバン)のみでできている、デオドラント剤です。

Crystal Body Deodorant, トラベルスティック デオドラントについて

アルム石は「ミョウバン」なんですが、火山地帯で採掘される天然のミネラル塩のことです。

ミョウバンは昔から、天然のデオドラントとして用いられてきており、肌表面に酸性の薄い膜(ミョウバン層)を作ることで、匂いの元となるバクテリアなどの雑菌の繁殖を防ぐ働きがあります。

また、汗腺の引き締めると言われており、汗が出るのを抑えてくれる作用が期待されているんですよ♪

汗の匂いなどを消臭する作用もありますので、気になる汗などの臭いを防いでくれます。

気になるのがミョウバンが肌に吸収されるのか?ということだと思うのですが、ミョウバンは分子が大きいので皮膚に吸収されませんので安心ですよね♪

100%天然の成分を使用しているので、肌に優しく、敏感肌の方でも安心して使うことができます^^

無香料・無着色ですので、塗ったあと肌に白く残ることはありません。

全成分はこちらです。

カリウムミョウバン(ナチュラルミネラルソルト)

全成分をみてもらうとわかりますが、シンプル以外のなにものでもないですね^^

クリスタルボディデオドラント トラベルスティック・デオドラントの使い心地

クリスタルボディデオドラント トラベルスティックの使い心地をご紹介しますね^^

クリスタルボディデオドラント ロールオン・デオドラントの使い心地

ちょっとわかりづらい写真になってしまっているんですが^^;、かなり硬い石がスティックになっている感じで、最初見たときは「これがデオドラント剤!?」と、ちょっとびっくりしました。

これね、見た感じスティックタイプになっているので、そのまま肌に塗って使えばいいと思っちゃいますが、実は使い方がちょっと独特です。

お風呂上がりなどの肌が濡れている状態で使います。
決して、乾いた肌に直接塗らないようにしてくださいね!(肌を傷つけてしまいます)

そして、スティック部分の上も必ず濡らして使います!

ですので、私は毎日お風呂上がりに使っています。

1日1回のみの使用ですが、びっくりするくらい汗の匂いを取り除いてくれるようで、クリスタルボディデオドラントを使いだしてからは汗の匂いが気にならなくなりました。

しかも、お値段333円と、とってもプチプラ価格なのに、毎日使っても1年使えるんですって!!
333円で1年って、すごくコスパいいですよね(笑)

無香料・無着色ですので、塗ったあと肌に白く残ることもないですよ♪
べたつきもなく、サラッとした使い心地です。

しかし、これをお風呂上がりに脇の下などに塗るだけで、汗の匂いがしないのってすごいですよね。
使ってる私もびっくりしています^^

アイハーブでのクチコミ・レビューには、ワキガにも効果があると書かれていました。
これだけ人気があるのもうなずけます。

詳細はこちらCrystal Body Deodorant, トラベルスティック デオドラント 1.5 oz 40 g

クリスタルボディデオドラント ロールオン・デオドラントについて

次は、ロールオンタイプのデオドラント剤「クリスタルボディデオドラント ロールオン・デオドラント」のご紹介をしますね♪

クリスタルボディデオドラント ロールオン・デオドラントについて

ロールオンタイプは、入浴やシャワーの後にそのまま気になる部分にササッと使うことができます。

スティックタイプは、スティックも肌も水に濡らさないと使うことができませんが、ロールオンタイプは水に濡らすことなく使いたいときにサッと使うことができるんですよ♪

外出の際や、いちいち水で濡らすのがめんどくさい私には、ぴったり!^^

こちらもスティックタイプと同じく、ミョウバンが主成分なのでスティックタイプと同じ効果が得られます。

全成分はこちらです。

精製水、カリウムミョウバン(天然ミネラル塩)、セルロース、重炭酸ナトリウム、安息香酸、グルコン酸亜鉛

クリスタルボディデオドラント ロールオン・デオドラントの使い心地

ロールオン・デオドラントの使い心地についてご紹介します。

クリスタルボディデオドラント ロールオン・デオドラントの使い心地

こちらはよくあるロールオンタイプのものと使い方も使い心地も同じです。

脇の下などに直接、これをコロコロ転がすようにつけるだけです♪

スティックみたいに濡らす必要がないので、使いたいときにサッと使えますし、洋服も肌も白くなりません^^

私は、毎日夜にスティックタイプを使い、お出かけするときだけ、でかける直前にロールオンタイプを使っています。

スティックタイプと、ロールオンタイプどちらも、効果は同じように感じるので、どちらかひとつでもいいかもしれません^^

ロールオンタイプも、汗の匂いを抑えてくれるので、外出先で汗をかいても「汗臭くなるかな・・」と気にしなくていいのがうれしいです!

***

どちらも私が購入したのは無香料なので、市販の制汗剤のような香りはしませんが、無香料でも全然汗の匂いが気にならないのはすごくいいです!

他にも香りつきもあるので、今度は香りつきのものを試してみたいなぁと思っています♪
あと、拭き取りタイプも以前使ったことがあるのですが、使用感がよかったので近々拭き取りタイプのものも注文する予定です♪

詳細はこちらクリスタルボディデオドラントの商品一覧はこちら

詳細はこちらCrystal Body Deodorant, ロールオン・デオドラント 2.25 fl oz (66 ml)
詳細はこちらCrystal Body Deodorant, トラベルスティック デオドラント 1.5 oz 40 g

iHerbで初めてお買い物する方は、注文する際にクーポンコード【LWZ970】を入力すると、10ドル引きでお買い物ができます♪

詳細はこちらiHerb(アイハーブ)

(上記のURLには、すでにクーポンが入力された状態になるように設定してありますので、よかったら活用してください♪)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。