腸内環境を整えるだけではなく便秘改善もしたいなら大平酵素がおすすめ

腸内環境を整えるだけではなく便秘改善もしたいなら大平酵素がおすすめ

先日ご紹介した生酵素サプリのOM-Xの姉妹品にあたる生酵素ペースト「大平酵素」は、我が家の娘がお通じがかなり改善された!と気に入ってずっと続けています♪

詳細はこちら大平酵素お試しセット780円

OM-Xと大平酵素の違いと、便秘改善にはなぜ大平酵素のほうがいいのかについて、詳しくご紹介していきたいと思います^^

スポンサーリンク

大平酵素とOM-Xの違いは「オリゴ糖」が配合されているか、いないか

大平酵素は、65種類の厳選食材を12種類の乳酸菌で3年間発酵させた植物発酵食品です。
基本的にOM-Xと大平酵素は原材料が同じなのですが、ひとつだけ違うのが、大平酵素には「オリゴ糖」が配合されていること。

大平酵素とOM-Xの違いとそれぞれの特徴

大平酵素もOM-Xも100%国産原料を国内で生産し、化学物質も一切加えていません。
発酵熟成中に一切加熱をしない非加熱発酵製法で作られてるから、栄養素が壊れないんです。

では、大平酵素にだけ配合されている「オリゴ糖」について少し詳しくお話していきますね!

大平酵素に配合されている「オリゴ糖」はお通じにいい!

大平酵素にだけ「オリゴ糖」が配合されていますが、このオリゴ糖、お通じにいいと言われています^^

オリゴ糖は、でんぷんや砂糖、大豆、乳糖などを原料に作られている「少糖類(しょうとうるい)」。

このオリゴ糖がエサになり、腸内にいるビフィズス菌が増えることで悪玉菌は減っていきます。

糖類には、ブドウ糖、果糖、ショ糖、麦芽糖、乳糖など色々な種類があるのですが、その中でも腸内細菌のエサとして最もいいと言われているのが「オリゴ糖」なんです。

大平酵素に配合されている「オリゴ糖」はお通じにいい!

オリゴ糖って、大豆、ごぼうなどに多く含まれているんですが、これらが便秘にいいと言われるのにもちゃんと理由があります。

食物繊維には「水に溶ける水溶性のもの」「水に溶けない不溶性のもの」の2種類あり、腸内細菌には水に溶ける水溶性の食物繊維を大変好むんだそうです。

ですが、「水に溶ける水溶性の食物繊維」だけではダメで、「水に溶けない不溶性の食物繊維」も水溶性の食物繊維と同様にバランス良く摂取しないと、腸内にあるカスや死んだ腸内細菌をからめとり便のカサを増やせません。

水に溶けない食物繊維の摂取が少ないと、食べ物のカスが腸内に残ってしまうことになり、それが元になり腐敗菌が増殖してしまうことで、腸内環境がさらに悪くなってしまいます。

そうならないようにするためには、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をしっかり摂取することが大切とお話しましたが、それだけではなく腸内細菌のエサになるものをしっかりと腸に送り込む必要があります。

そこでおすすめなのが、オリゴ糖
オリゴ糖を腸内細菌のエサにすることで、腸内環境を良くして排便のペースを正常にしてくれます♪

OM-Xも基本的には腸内環境を良くしてくれますが、便秘のお悩みがある方の場合は、OM-Xよりも大平酵素のほうがよりいいと思います!

娘は先ほどもお話したように便秘症なのですが、大平酵素を続けるようになってお通じがかなり改善されてきたようです。

お通じもかなり改善されてきているだけではなく、体調もいいと感じているようで、大平酵素を続けてから1年がたちました^^

1回1包!小さいからお出かけにも持っていきやすい!

OM-Xは、カプセルタイプになっているのですが、大平酵素は1回分が小さなパウチになっています。

1回分が1包!小さいからお出かけにも持っていきやすい!

大きさも上の写真のように小さいため、お出かけの際にも持ち歩きやすいですよね^^

ペーストタイプなので、1回分の封を切ったらそのままチューチュー吸えばいいので、お皿やスプーンなどを用意することもないし、手も汚れません。

量も少ないし、味もプラムみたいな味がするのでまずくないですよ♪

大平酵素にもお試しがありますので、まずはお試しから試してみるといいと思います!^^

詳細はこちら大平酵素お試しセット780円

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク