WEN(ウェン)は クリームで頭皮を洗う新感覚なヘアケア

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

以前から気になっていたヘアケアブランド「WEN(ウェン)集中お試しセット<アーモンド>」をお試しさせていただいています。

>>>サロン発のヘアケア革命!リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア【ウェン】

WEN(ウェン)のヘアケア製品はちょっと変わっていて、「クリームで洗う新発想ヘアケア」なんです。
クリームで髪の毛を洗うってイメージわかないですよね?^^;
泡立たないし、ましてやクリームで髪の毛を洗うなんて今まで経験したことがないので、「べたつかない?洗いあがりはどうなの?最近気になってる髪の毛のボリュームはちゃんと出るの?」など、私自身も疑問がいっぱい!

ということで、ちょっと不安になりつつも使ってみましたので詳しくご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

クリームで洗うってWEN(ウェン)ってどんなヘアケアなの?!

普通のシャンプーなどと違って、泡立たずにクリームで洗うヘアケアのWEN(ウェン)」って一体どんなヘアケアなの?!と思いますよね。
まずは、WEN(ウェン)について詳しくご紹介したいと思います。

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

WEN(ウェン)は、数多くのハリウッドセレブを手がけているロサンゼルス在住のヘアスタイリストChaz Dean(チャズ・ディーン)氏が開発したヘアケア製品です。

髪の毛だけではなく頭皮にも着目し、頭皮から毛先まで、トータルで考えられたヘアケア。
そのために、泡立ものではなくマッサージができるクリーム状のテクスチャーを採用したそう。

特にWEN(ウェン)がこだわっているのが「いらないものを取り除くこと」。
そのために、泡を作るための界面活性剤は取り除いて、クリームにするために必要最低限な植物由来の乳化剤を配合しているそうです。

また、保湿成分もローズマリーやカモミールなどの植物成分を使用しています。
うるおいを頭皮と髪に届けてくれるハーブエキスをブレンドしたんだそうです♪

WEN(ウェン)集中お試しセット<アーモンド>のセット内容

今回、私がお試しさせていただいているWEN(ウェン)集中お試しセット<アーモンド>のセット内容をご紹介しますね^^

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

  • クレンジング コンディショナー(ポンプ付き) 480mL
  • リペアリング ジェル 60mL

クレンジングコンディショナーが、クレンジング(シャンプー)&トリートメントとして使うアイテム。
リペアリングジェルは、洗い流さないトリートメントになります。

WEN(ウェン)のヘアケアは、使い方も一般的なヘアケアアイテムとは違うので使い方についても一緒にご紹介していきますね!

WEN(ウェン)クレンジングコンディショナーの使い方と使い心地

WEN(ウェン)のクレンジング(シャンプー)は、本当にちょっと独特な使い方なので慣れるまでは抵抗があるかもしれません^^;
まず、泡立たないことからして私は数日間慣れませんでした(笑)

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

使用量もびっくりするくらい大量に使います。

  • ショートヘア 10~16プッシュ
  • ミディアムヘア 16~24プッシュ
  • ロングヘア 24~32プッシュ

私はロングヘアで髪の毛も傷んでいるので、1回の洗髪で32プッシュ使用しています。

使い方はこんな感じです。

  • 1:頭皮と髪をぬるま湯でしっかり洗い流した後、使用量の半分の量のクレンジングコンディショナーを手のひらにとり、頭全体を覆うようにたっぷりのせます。
  • 2:頭皮から今朝気までなじませるように軽くもみこみ、クリームを髪全体に均等に行きわたらせます。
  • 3:頭皮になじませ、指の腹で頭全体にもみこみます。髪になじませたまま数分間おき、ぬるま湯で流します。
  • 4:残りの半分を使用して1~3を繰り返します。
    (効果を最大限にするため、最初に目安の半量を使用し、次に残りの半量で「洗う、流す、繰り返す」をおすすめします。)

1回の使用量が私の場合は32プッシュなんですが、使用方法の4をみていただくとわかるように、まず1回めは16プッシュを使用し、洗い流したら残りの16プッシュを使用します。

ちなみに、使い方の1~4が完了した時点で、シャンプーからコンディショナーまでが完了したことになります。

全成分はこちらです。

水、グリセリン、セタノール、セテアリルアルコール、アロエベラ液汁、カミツレ花エキス、ローズマリーエキス、パンテノール、加水分解コムギタンパク、アーモンド油、プルヌスセロチナ樹皮エキス、メントール、野菜油、エチルヘキシルグリセリン、BG、ステアラミドプロピルジメチルアミン、アモジメチコン、ベヘントリモニウムメトサルフェート、ポリソルベート60、PEG-60アーモンド脂肪酸グリセリル、クエン酸、香料、フェノキシエタノール

クレンジングコンディショナーは、本当にクリームです!

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

泡立たないことはわかっていましたが、本当に一切泡立ちません
シャンプーは、泡がないとイヤ!という方には、WEN(ウェン)は向いてないかもしれませんね^^;

上の写真は2プッシュくらいの量なのでわかりませんが、16プッシュすると手のひらに山盛りの量になります。
クリーム自体はこってりした感じではなく、ゆるっとしたやわらかいクリームなので頭皮などにもなじませやすいです。

ローズマリーの爽やかな香りと、なじませていると少しスーッとした清涼感があって、頭皮マッサージをしていると気持ちがいいです。
シャンプーをしているというよりも、頭皮マッサージをしている感じというのかな。

泡立たないし、スカルプケアができるトリートメントかなにかで頭皮をマッサージしているような気分です(笑)

そして、洗い流したあとの髪の毛がとてもつるん!としています^^
シャンプーしているという実感が最初はもてないので、洗い流した後もなぜか物足りなさを感じるんですが、それを差し引いても思っていたよりも髪の毛がつるんとして、頭皮もさっぱりとした感覚があって、使う前の「泡立たないシャンプーってどうなんだろう?」という不安はなくなります!

ドライヤーで乾かしても、髪の毛がサラッとしていてなおかつ気になる髪のハリ・コシもあります
ただ、私はくせ毛の乾燥毛なので、正直クレンジングコンディショナーだけでは少し物足りませんでした^^;
クレンジングコンディショナーと一緒に入っていたアウトバストリートメントを使用してもいいですし、いつも使っているオイルやトリートメントを使用してもいいと思います。

それと、気になるクリームと洗うと髪がべたつくのではないか?についてですが。
これが全くそんなことはありませんでした!
べたつきなど一切ありません♪

WEN(ウェン)リペアリング ジェルの使い方と使い心地

シャンプーが完了したら、タオルドライ後に使用するのがリペアリングジェルです。

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

大きさからもわかるように(笑)、シャンプーは大量に使用しますがアウトバストリートメントは、基本は100円玉くらいの量を目安に、髪の長さなどによって量を調節して使います。

全成分はこちらです。

水、PG、シクロペンタシロキサン、フェニルトリメチコン、ポリアクリルアミド、ジメチコノール、パンテノール、アーモンドエキス、エチルヘキシルグリセリン、(C13,14)イソパラフィン、ラウレス-7、BG、香料、デヒドロ酢酸、安息香酸、フェノキシエタノール

使い方ですが、こちらは一般的なアウトバストリートメントと同じように、髪の中央部分から毛先にかけてなじませます。
手に残ったジェルは、頭頂部や生え際になじませるといいそうです。

量もそれほど必要はないし、のびもすごくいいです。

リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア「WEN(ウェン)」

上がリペアリングジェルなんですが、ゆるっとした感じでべたつきなどなく軽い使い心地です。

髪の乾燥がひどい方は、リペアリングジェル自体も軽い使い心地ですのでしっとりさせるにはちょっと物足りないかもしれません。
そういうときは、お手持ちのヘアオイルやアウトバストリートメントを少し足すといいですよ^^

実際にWEN(ウェン)を使ってみて思ったのは「なんかこれ、いいかも!」でした^^
かなりアバウトな感想ですが、最初はやっぱり泡立たないシャンプーだし使い方も独特なので正直戸惑ってしまったんですが、何回か使用するとコツもつかめてきます。

お試しセットといえども、3,900円と他のお試しセットよりはお値段が高いですが、30日の返金保障がありますので、泡立たずクリームで頭皮を洗う新感覚なヘアケアを試してみたい!という方は、ぜひ1度チェックしてみてください♪

>>>サロン発のヘアケア革命!リッチクリームで洗う新感覚ヘアケア【ウェン】

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。