ナチュラグラッセ メイクアップクリームは本当に石けんだけで落ちるの?

私がふだん、愛用しているのがナチュラグラッセ メイクアップクリーム
これひとつで、 ダメージケア美容液、UVカット、化粧下地、ファンデーションの4つの機能を兼ね備えているので、普段使いには本当にいちばん使い勝手がいいんです!

ナチュラグラッセ メイクアップクリーム

詳細はこちら>>>ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム SPF30 PA++ 25mL

その中でもいちばん気に入ってるのが、 洗顔石けんだけで、メイクアップクリームが落ちるところ!
クレンジングを使わなくても、普通の洗顔石けんでキレイに落ちてくれるのです。
これ、かなり便利なの!

でも、実際に使ってないと、「ほんとに石けんだけで落ちるの??」と思うと思います。
私も最初は思ったから(笑) ということで、実際に石けんで落ちるのかどうかを実験してみました!

参 考 記 事ナチュラグラッセ メイクアップクリームは毎日BBクリームとして愛用中!

スポンサーリンク

ナチュラグラッセ メイクアップクリームは石けんだけで落ちるのか?

ナチュラグラッセ メイクアップクリーム

ナチュラグラッセ メイクアップクリームを今回は手の甲につけて、石けんで本当に落ちるのかどうかを実験してみたいと思います!
まずは、ナチュラグラッセ メイクアップクリームを手の甲に塗ります。

ナチュラグラッセ メイクアップクリーム

こんな感じで手の甲にぬります。 これを石けんでおとしてみますね!

ミューノアージュ(muNoage)洗顔石けん" alt="ミューノアージュ(muNoage)洗顔石けん

今回使う洗顔石けんは、私が使っている洗顔石けんです。
(この洗顔石けんは敏感肌でも使えるものです)

ナチュラグラッセ(naturaglace)メイクアップクリーム

洗顔石けんを泡立てて、ナチュラグラッセ メイクアップクリームをぬったところに石けんをつけてクルクルっと泡となじませていきます。

ナチュラグラッセ(naturaglace)メイクアップクリーム

ナチュラグラッセ メイクアップクリームが泡となじんでるかわかりやすくするために、写真を暗くしてるので見づらいかもしれませんが、泡が茶色くなってるのがわかるかな?
泡とメイクアップクリームがなじんでるのがわかるかと思います!

ナチュラグラッセ(naturaglace)メイクアップクリーム

こちらが洗い流した直後の写真。
ナチュラグラッセ メイクアップクリームが落ちてるのがわかるかな?

ナチュラグラッセ(naturaglace)メイクアップクリーム

本当に落ちてるかどうか、コットンを手の甲になすりつけて(笑)、コットンにメイクアップクリームがつくかどうか試してみたけどまったくつきませんでした!
キレイに落ちてる!!

【結果】ナチュラグラッセ メイクアップクリームは石けんだけでキレイに落ちます!!

ということで、本当にナチュラグラッセ メイクアップクリームは洗顔石けんだけでキレイに落ちました!
私自身、毎日使ってましたがこうやって実際に実験したのは初めて。
いつも、メイクアップクリームを洗顔石けんだけで落としてましたが落ちてる感覚はあったんですよね。

でも、こうして実際にやってみると本当に落ちていたんだなー!というのがわかりました(笑)
今、乾燥がちょっとひどくなってきていて、そのせいか肌が敏感になってきてる私なんだけど、ナチュラグラッセ メイクアップクリームは、肌が弱ってるときでも、安心してつけられるのが気に入ってます。

おまけに、クレンジングは必要ないし洗顔石けんだけで落ちてくれるのであまり肌に負担をかけたくない私としては、かなり優秀なアイテム。
ただ、メイクアップクリームはカバー力はそんなにないのでカバー力をいちばんに・・・という方には向かないかも。

でも、普段使いならすっぴんよりも素肌がキレイに見えるし、お手軽に使えるので、オススメです♪

詳細はこちら>>>ナチュラグラッセ メイクアップ クリーム SPF30 PA++ 25mL

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。