風邪を引いても栄養ドリンクが飲めない私はOM-Xがあると安心♪

風邪を引いたときもOM-Xは飲みやすいので続けられます

お正月が終わって夫や子どもたちも通常生活になって気が緩んだのか、久しぶりに風邪を引いてしまい寝込んでしまっていました。

その間に風邪薬と一緒に飲んでいたのがOM-Xです。

詳細はこちら生酵素サプリメント『OM-X』

OM-Xは、夫が4年くらい前からずっと愛飲している唯一のサプリで、私も9月からずっと愛飲しています^^

風邪を引いたときにOM-Xっていいなぁと改めて思ったので、ちょっとお話したいと思います♪

スポンサーリンク

栄養ドリンクが飲めない私にはOM-Xは風邪のときの必需品

風邪を引いたときは、栄養ドリンク系のほうがいいと思うのですが(ドラッグストアでも風邪薬と一緒に栄養ドリンクもすすめてますよね^^)、私、小さな頃から水薬(小児科などでもらうシロップの薬とか)が一切飲めないのです。

汚いお話になってしまうのですが、小さな頃からシロップの薬を飲もうとすると、ニオイだけで嘔吐してしまっていたそうで、親がよく「薬を飲ませるのに本当に苦労したのよ(苦笑)」と言われていました^^;

それは大人になっても同じで、40過ぎても水薬はもちろん、粉の薬も飲めないんです・・・。
(子どもが小さな頃は、子どもにシロップの薬を飲ませるのに私が大変でした・・・あのニオイ、なんとかならないかしら汗)

栄養ドリンクももちろん飲めず(オロナミンCだけ飲むことができて、リポビタンDは飲めません!)、風邪を引いたときも夫に「風邪薬と栄養ドリンク一緒に飲めばいいのに」といつも言われていて、頑なに断っています(笑)

そんな栄養ドリンクが飲めない私にとっては、OM-Xは続けて飲みたいと思っているサプリです。

風邪を引いたときもOM-Xは飲みやすいので続けられます

OM-Xは、なんといってもドリンクタイプや粉末タイプが苦手な人でも飲みやすいソフトカプセルタイプというのが気に入っています!

液体タイプも粉末タイプも苦手な人には、カプセルタイプというか粒タイプって本当に助かりますよね^^

カプセルの中には、加熱せずに製造された生酵素がたっぷり詰まっているんですが、こちらの生酵素、国産100%の植物素材を使用しているんですが、植物素材が65種類も使用されているんです。

65種類の素材の栄養素を壊さないように、ナマのまま独自の方法で抽出し、3年間自然発酵させているんだそうです。

だから栄養も豊富なんですよね♪

他にも、12種類の乳酸菌と最強乳酸菌が配合されているので、アレルギーや便秘の改善、体の免疫力を上げたり、体質改善にも効果が期待できると言われているんですよ♪

関連記事

風邪を引いたときもOM-Xは飲みやすいので続けられます

普段でも、疲れが取れないとき、だるいとき、やる気がでないときなどにOM-Xを飲むと、体調が楽になる気がして^^

夫は、疲れとか体調というよりも、過敏性腸症候群が軽くなると言って(実際に改善されてきてるようです)もう4年ほど毎日続けて愛飲しています。

今の季節は、風邪やインフルエンザ、胃腸炎など色々な病気が蔓延しがちですが、私のように栄養ドリンクなどが飲めない方に、OM-Xはおすすめです♪

風邪を引いたときもOM-Xは飲みやすいので続けられます

夫は、普段4粒を飲んでいますが、OM-Xは通常は3~5粒が目安になっています。
ということで、私は発熱時は5粒、普段は4粒飲んでいます。

熱のあるときに酵素を飲んだからといって、劇的な効果などは感じませんが^^;、体のだるさが少しいつもよりも楽だったような感じがします。

OM-Xは、夫も4年以上飲み続けている酵素サプリですが、胃腸の弱い方やなんだかいつも疲れている、なかなか疲れが取れない、朝起きても調子がよくないという方は、1週間分ですがお試しセットもあるので、1度お試ししてみるといいと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

詳細はこちら生酵素サプリメント『OM-X』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。