腸内のビフィズス菌を増やすOM-Xで花粉症対策

腸内のビフィズス菌を増やすOM-Xで花粉症対策

スギ花粉症の季節ですが、今年はいつにも増して花粉症の症状がひどくて困っています。
Instagramでも書いたのですが、花粉症の症状+肌がとにかくかゆくて久しぶりに皮膚科通いをしています。

毎日夫と一緒に飲んでいるのがOM-Xのサプリなのですが、実はこのOM-X、腸内のビフィズス菌を増やす作用があることが検証結果でわかっていて、腸内の善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)を促進する効果があるという検証結果があることから、花粉症対策として毎日3〜4粒飲んでいたのを5粒に増やして飲みだしました。

詳細はこちら生酵素サプリメント『OM-X』

スポンサーリンク

乳酸菌やビフィズス菌はアレルギー反応がでないよう調整する役割を果たしてくれる!

ビフィズス菌といえばヨーグルトを思い浮かべる方も多いと思いますが、ヨーグルトを食べると花粉症が軽くなるって聞いたことありませんか?

これ、あながち間違っておらず、ビフィズス菌が免疫細胞を活性化してくれるだけではなく、病原菌を倒す抗体を作りすぎてアレルギー反応がでないように調整してくれる役割を果たしてくれるからと言われているんですよ^^

しかし、ヨーグルトなどでビフィズス菌を摂取するだけでは、不十分だと言われているんです。

それはなぜかというと、身体の外からビフィズス菌を摂取したとしても、体はビフィズス菌のことを異物だと思ってしまい排除してしまうことが多いんだそう。

たとえ生きてビフィズス菌が排除されずに腸まで届いても、5日間くらいとどまってその後は体の外に排泄されてしまうんだそうです。

だからこそ、腸内でビフィズス菌を増やすことが大事になってきます。

そこでこのOM-X!
腸内のビフィズス菌を増やす作用があることが検証結果でわかっています。
腸内の善玉菌(乳酸菌、ビフィズス菌)を促進する効果があるという検証結果があることからも、花粉症対策としてOM-Xはいいなぁと思っています^^

参考記事OM-Xのビフィズス菌増殖促進作用

また、乳酸菌(ビフィズス菌)は、ビタミンB群やビタミンKなどの女性にとってうれしいビタミンを作り出してくれます♪

OM-Xには12種類の乳酸菌と最強乳酸菌が配合されている!

OM-Xには、「ラクトバチルス菌」「ビフィズス菌」「コッカス菌」など、タイプの違う乳酸菌が12種類配合されていますが、もうひとつ「TH10乳酸菌(フェカリス菌の一種)」も配合されているんです!

腸内のビフィズス菌を増やすOM-Xで花粉症対策

TH10乳酸菌は最強の乳酸菌とも呼ばれているのですが、免疫力、発酵力、抗菌活性がとても高い高機能乳酸菌なんですって。

それらの働きによって、体の外から乳酸菌やビフィズス菌を摂取しながら腸内のビフィズス菌を増やすことで、腸内環境のバランスの改善(善玉菌を増やす)や、免疫力をアップさせてくれるんです♪

腸内のビフィズス菌を増やすOM-Xで花粉症対策

また、OM-Xは乳酸菌も含む「生酵素」サプリなので、酵素サプリを飲んでいる人にもおすすめです。

OM-Xの生酵素に使用している発酵エキスは、品質もとてもよく、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維、オリゴ糖、有機酸など、私たちの健康維持に欠かせない栄養素がバランス良く含まれているんですよ^^

腸内のビフィズス菌を増やすOM-Xで花粉症対策

OM-Xの基本的な1日の摂取目安量は3粒ですが(トライアルセットは1日3粒になっています)、花粉症対策として毎日5粒を飲むようにしています。

薬ではなくサプリメントなので、飲む時間帯などはいつでもいいのですが、以前OM-Xさんに聞いてみたところ空腹時に飲むのがいいんだそうです。

いちばんのおすすめは、晩ごはんを食べた2〜3時間後に飲むのがいいんだそうで、私も夫も晩ごはん後2時間くらいたったら飲むようにしています。

OM-Xのサプリは、サプリの中でもお値段が高いのでいきなり現品を注文するよりも、1週間分ではあるんですがお試しもあるので、まずはお試しから試してみるといいと思いますよ^^

OM-Xは薬ではないので即効性などはありませんが、飲んでいるうちに「あれ?体調がいいな」と実感できる数少ないサプリだと思いますので、ぜひチェックしてみてくださいね♪

詳細はこちら生酵素サプリメント『OM-X』

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。