ヴァーチェ クレイソープ さっぱりな洗い心地で程よくしっとり感&くすみ抜けも実感♪

ヴァーチェ クレイソープ

エトヴォスの姉妹ブランド「ヴァーチェ」から発売されている「クレイソープ」をお試しさせていただいています^^

>>>ヴァーチェ クレイソープ

乾燥の激しい時期には、固形石けんやクレイ配合の石けんなどは肌がつっぱってしまったり、カサカサになってしまうことが多いのですが、ヴァーチェのクレイソープはマルラオイルやアルガンオイル、そしてリピジュア(保湿効果の高い成分で保湿力はヒアルロン酸の2倍と言われています)が配合されているせいか、程よくしっとり感があるので、私と同じように乾燥がひどい方や肌が敏感になってしまっている方も使いやすい石けんだと思います♪

クレイソープの詳しい使い心地などをご紹介しますね♪

スポンサーリンク

ヴァーチェ クレイソープについて

ヴァーチェ クレイソープは、沖縄のクチャ(クレイ)の力で、余分な皮脂や汚れをすっきり洗い上げ、年齢肌に必要な美容成分を補うことができ、洗顔後の乾燥を防いでしっとりツヤツヤ肌にしてくれる洗顔石けんです。

ヴァーチェ クレイソープ

洗いあがりの乾燥を防ぐために、美容成分のマルラオイル、アルガンオイル、リピジュアも配合されているので、サッパリとした洗いあがりなのにしっとり感もあり、肌が乾燥してしまうのを防いでくれるそうです。

ちなみにクレイソープは、枠練り製法で作られている石けんです^^

全成分はこちらです。

カリ含有石ケン素地、水、スクロース、グリセリン、DPG、ソルビトール、スクレロカリアビレア種子油(マルラオイル)、アルガニアスピノサ核油(アルガンオイル)、海シルト、ポリクオタニウム、スクワラン、乳酸Na、クエン酸Na、オレイン酸グリセリル、エタノール、ラベンダー油、ニオイテンジクアオイ油、イランイラン花油

海シルトが、沖縄のクチャ。
ポリクオタニウムは、どうやら調べてみるとリピジュアのことみたいです。

ヴァーチェは、ナチュラルコスメとは言いづらいところもあることはあるんですが、クレイソープの成分を見てみても自然派と言っていいのではないかなと思います^^

沖縄クチャで汚れを吸着!さっぱり洗い上げるのに乾燥を防いで肌のくすみ抜けも♪

さて、クレイソープの使い心地を詳しくご紹介していこうと思いますが、この石けん、私には久々にヒット!と思える洗顔石けんでした^^

洗いあがりはサッパリとしているんですが、つっぱり感は感じず程よくしっとり感があります。

クレイが配合されているためか、洗顔後は肌がつるんつるんな肌触りで、その後使用する化粧水などがいつもよりも肌に入っていってくれる感じがするんですよね^^

で、それだけではなくて、くすみが抜けて肌がワントーン明るく感じられるんです!

私もなんですが、特に乾燥が気になる季節って乾燥肌さんは肌がくすみやすいと思うんですが、くすみ抜けしてくれるて顔色が明るくなるし、乾燥でざらついた感じがあるときも洗顔後はつるんとした肌触りになるので、これはすごくいいです♪

ヴァーチェ クレイソープ

泡も細かい泡で、ものすごくやわらかいのですが、弾力のあるとてもしっかりした泡です。
洗顔中も、泡潰れがなくやさしく洗うことができます♪

ヴァーチェ クレイソープ

香りは、ラベンダー、ゼラニウム、イランイランのエッセンシャルオイルが配合されているので、リラックス効果もあってとてもいい香りです。

乾燥する季節は、普段は朝も夜も洗顔料にもなるクレンジングミルクを愛用している私ですが、ヴァーチェのクレイソープなら洗顔後のつっぱり感も感じないし刺激も感じられないので最近では毎日このクレイソープを使っています^^

石けん自体も、溶けにくいし1個が結構大きいのでコスパもよさそうです!

洗顔石けんを使用していると、肌のつっぱり感が気になる方や、肌のくすみが気になる方、肌のざらつきが気になる方にはとてもいい石けんだと思いますので、チェックしてみてくださいね^^

>>>ヴァーチェ クレイソープ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。