皮膚常在菌を育てよう!常在菌とは?肌にいい菌と悪い菌

常在菌を育てよう!皮膚常在菌とは?

最近、注目されているのが「皮膚常在菌」です。
「菌活」という言葉もあるほど、美肌作りにかかせないものとして、どんどん注目されているのですが、「菌」ってイメージ的に体に毒なものだったり、汚いなどという悪いイメージがありますが、「皮膚常在菌」は悪い菌ではありません^^

皮膚常在菌と仲良くして育てていくと、肌にもとってもいいことづくしですので、今回は皮膚常在菌について詳しくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

皮膚常在菌は肌に1兆個も住んでいる?!

人間の体には、常在菌と呼ばれる菌がたくさん住んでいます。
皮膚に住む常在菌は1兆個腸内に住む常在菌は100兆個とも言われているんです!

常在菌にも色々な種類があり、皮膚に住んでいる常在菌の種類は10種類以上と言われています。

それらの菌には、私たちに害を与えない「善玉菌」、私たちに害を与える「悪玉菌」、善玉菌にも悪玉菌にも環境によって姿を変えることができる「日和見菌(ひよりみきん)」の3つに分けることができます。

これらの常在菌は、肌を保護する上で大切な働きをしてくれています。

皮膚常在菌の種類

肌に住んでいる常在菌は、表皮ブドウ球菌、アクネ菌、黄色ブドウ球菌などのほかに、水いぼなどの原因になるヘルペスウィルスだったり、水虫などを引き起こす菌などが住み着いている人もいます。

その中で、「美肌菌」と呼ばれ注目されている菌が「表皮ブドウ球菌」
ブドウ球菌と聞くと、人に悪さをする黄色ブドウ球菌を思い出しますが、表皮ブドウ球菌と黄色ブドウ球菌は名称がにているだけで実際には全く違う菌です。

表皮ブドウ球菌は、肌にとってとても有用な菌で表皮ブドウ球菌が肌に多くいる状態ならば、肌がしっとりツヤっとした健康な肌になるんですよ^^

表皮ブドウ球菌(善玉菌)ってどんな常在菌なの?

表皮ブドウ球菌(善玉菌)とは?表皮ブドウ球菌は、皮膚に住んでいる皮膚常在菌の中でも、有害な菌が皮膚に侵入するのを防いでくれたり、肌を保湿してくれたりと、肌にはかかせない常在菌です。

表皮ブドウ球菌のエサは、汗や皮脂ですが、表皮ブドウ球菌が皮脂や汗を食べることによって、脂肪酸やグリセリン、オレイン酸などに汗や皮脂を分解してくれます。

皮膚常在菌

肌には、表皮ブドウ球菌によって分解された「脂肪酸」と「グリセリン」が特に大事で、脂肪酸とグリセリンが、汗や皮脂と混ざり合うことで乳化され、肌がしっとりするんです。
実は、これが「皮脂膜」なんです^^

また、脂肪酸が肌を弱酸性に保ってくれることで、黄色ブドウ球菌(悪玉菌)やその他の雑菌の繁殖を抑えてくれているんです。

このことからもわかるように、「表皮ブドウ球菌」が多いとお肌はしっとりツヤツヤの健康的な肌になり、少ないと肌トラブルになりやすいんですね^^;

最近「育菌」という言葉がありますが、こうした善玉菌と言われる常在菌を増やすことが注目されています。

アクネ菌(日和見菌)とは?

アクネ菌(日和見菌)とは?

表皮ブドウ球菌の次は、アクネ菌(日和見菌)についてお話しますね^^
アクネ菌と聞くと、真っ先に「ニキビ」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、そのアクネ菌です(笑)
ついつい憎きニキビの元凶!と思いがちですが、実はこのアクネ菌って表皮ブドウ球菌と同じく、美肌を作ってくれる常在菌なのです!

アクネ菌は、毛穴に住んでいる常在菌ですが、普段は表皮ブドウ球菌と同じく皮脂をエサとしており、脂肪酸やグリセリンに分解してくれる頼もしい菌です。

アクネ菌は肌の水分を逃がさないようにもしてくれています。

ですが!
普段は善玉菌として働いてくれているのですが、ストレスやホルモンバランスが崩れてしまったり、不規則な食生活などが原因で皮脂が毛穴に詰まってきてしまうと、アクネ菌は善玉菌から皆さんがよくご存知のニキビの原因菌へと化けてしまうのです・・・。

普段はとってもおりこうさんなアクネ菌ですが、皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に詰まってきてしまうと、増殖して肌トラブルの原因になる悪玉菌に化けてしまう、ちょっと要注意な菌でもあります。

黄色ブドウ球菌(悪玉菌)とは?

黄色ブドウ球菌(悪玉菌)

最後に、悪玉菌として有名な黄色ブドウ球菌のお話をしたいと思います。
黄色ブドウ球菌は、食中毒などの菌としても有名ですので名前を見るだけでいやーなイメージを持つ方も多いと思いますが、皮膚にも多く住んでいる常在菌です。

普段健康な肌は、表皮ブドウ球菌(善玉菌)の割合が多いので、黄色ブドウ球菌は悪さができない状況なのですが、肌が弱酸性ではなく「アルカリ性」に傾くことで、表皮ブドウ球菌の数が減少してしまうと、待ってました!とばかりに増殖して、肌トラブルを引き起こす菌です。

黄色ブドウ球菌が増えると、どんな肌トラブルになるのかというと、まずは肌のかゆみ
アトピー性皮膚炎の方は、この黄色ブドウ球菌が肌に多く住んでいると言われています。

肌にかゆみが出ると人はついついかいてしまいますが、これがまた肌トラブルを助長することになり、さらに黄色ブドウ球菌が増えてかゆみが増してしまうため、悪循環になってしまいます・・・。

かゆみだけではなく、黄色ブドウ球菌が増殖すると、肌荒れがひどくなったり、湿疹ができたり、傷口が膿んでしまったり・・・といいことがありません(汗)

健康的な肌にするには、表皮ブドウ球菌(善玉菌)だけ増やしたい!?

健康的なしっとりツヤツヤ肌にするには、表皮ブドウ球菌(善玉菌)だけ増やせばいいじゃない!と思ってしまいますが、実は残念なことに表皮ブドウ球菌だけ増やすことはできません・・・

皮膚常在菌

表皮ブドウ球菌を増やすには他の日和菌や悪玉菌も含めて、菌全体を増やさないといけません・・・。
ですが、菌の性質上3つのうちの中から先に1つの菌が増えたときは、そのほかの菌は増殖しないようなシステムになっているのです。

だからこそ、表皮ブドウ球菌を日和菌や悪玉菌よりも先に増やすことができれば、他の菌の増殖を抑えこむことができますので、悪玉菌が増えてしまう!!と怖がることはありません^^

表皮ブドウ球菌の増やし方などは、また詳しくご紹介していきたいと思います^^

常在菌を育てる、おすすめオーガニックコスメ

常在菌の善玉菌を育ててくれる、おすすめのオーガニックコスメをご紹介したいと思います!

HANAオーガニック

>>>HANAオーガニック

皮膚常在菌のエサとなる「バイオエコリア」を配合しているオーガニックコスメの中でも常在菌にかなり着目している国産オーガニックコスメ。

HANAオーガニックで乾燥を感じるときはどう使う?肌の乾燥を感じたときは使用量を使い分けよう

neo baby(ネオベビー)

>>>neo baby(ネオベビー)

こちらも常在菌を殺さないように、成分にこだわっている国産オーガニックコスメ。

ネオベビー

neo baby(ネオベビー)

ウェリナオーガニクス カレアトナーとカレアセラム

>>>ウェリナオーガニクス オイルフリー化粧水「カレアトナー」
>>>ウェリナオーガニクス オイルフリー美容液「カレアセラム」

HANAオーガニックと同じく、善玉菌のエサとなる「バイオエコリア」が配合されています。(ただし、ウェリナの中では、上記のカレアトナーとカレアセラムのみ)

ウェリナからオーガニックのオイルフリー化粧水「カレアトナー」とオイルフリー美容液「カレアセラム」が新発売

***

いかがでしたでしょうか?^^
菌と聞くと、イメージ的にどうしてもワルモノ!と思ってしまうのですが、菌は菌でも肌にとってとても有用な菌もあるんですね^^

ぜひ、菌にも種類があり、美肌を保つには善玉菌が大いに関わっている!ということを知って、今後の美肌作りに活かしていきたいですね♪

[kanren postid=”10013″]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。