花粉症による肌荒れ(花粉症皮膚炎)は乾燥肌、敏感肌、アトピー肌に多い理由

花粉症による肌荒れ(花粉症皮膚炎)は乾燥肌、敏感肌、アトピー肌に多い理由

これからの季節は、スギ花粉症で憂鬱な時期ですよね。
私もスギ花粉症を発症してから、もうすぐ30年になります^^;

軽度のスギ花粉症の場合は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみが主な症状のようですが、花粉症の症状がひどい方は、鼻水やくしゃみ、目のかゆみの他に、微熱、頭痛、全身の倦怠感、喘息、下痢、吐き気、集中力欠如、イライラ感なども症状として出るほか、肌にも花粉症の症状が出ます

それが花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)
私もスギ花粉とヒノキ花粉症で、それぞれ症状がひどいので毎年1月下旬~ゴールデンウィークくらいまで花粉の症状に悩まされるのですが、花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)にも悩まされています。

そして、この花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)は、もともとの肌質が乾燥肌の方、敏感肌の方、アトピー肌の方に多いんだそうです。
私のブログを読んでくださっている方も、私と同じように花粉症で肌荒れを起こしてしまう方も多いと思いますので、今日は花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)のことについてお話したいと思います。

※こちらで花粉症による肌荒れのときにおすすめのオーガニックコスメなどをまとめています。

スポンサーリンク

なぜ花粉症の症状で肌荒れ(花粉症乾燥肌)になってしまうの?

花粉症というと、鼻水やくしゃみ、目のかゆみが思い浮かぶと思いますが、実は肌にも花粉症の症状が出る場合があります。

特に、花粉症の症状がひどい方に多く、肌が荒れて敏感になって皮むけしてしまったり、肌が赤く腫れてしまったり、かゆみが出てしまったりと、花粉症の時期に肌がボロボロになってしまうんですよね。

症状がひどくなると、いくら低刺激のスキンケアを使用しても、全てが刺激になってしまい肌がピリピリしたりしみたりして、何も使えなくなってしまう・・・ということも。

洗顔時のお水やぬるま湯も、しみてしまうこともあります^^;

特に花粉症による肌荒れの症状が出やすい方は、もともとの肌が超乾燥肌だったり、敏感肌、アトピー肌だったりと、肌のバリア機能が低下している方が多いんだそうです。

肌荒れ(花粉症乾燥肌・花粉症皮膚炎)はバリア機能の低下が要因

皮膚はもともと外部刺激や肌の乾燥などを受けないように「バリア機能」という肌を守る機能を持っています。

健康な肌の方は、バリア機能によって肌が守られている状態なのですが、
●肌が極端に乾燥している方
●肌が荒れている方
●敏感肌の方
●アトピー肌の方

などは、バリア機能が低下しているせいで肌の乾燥がいつも以上に進んでしまい、肌の角質が更にめくれあがってしまうので、少しの刺激でも肌はものすごくダメージを受けてしまいます。

そうでなくても、乾燥肌、敏感肌、アトピー肌の方は、季節の変わり目は肌荒れがひどくなると思います。
それプラス、花粉の刺激が加わりますので、普段以上に肌は刺激に弱くなり肌荒れの症状が悪化してしまうのです。

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)になってしまう方は、アレルギー体質の方が多いそうですが、花粉症で肌荒れを起こすのも実はアレルギー反応なんです。

バリア機能が低下しているため、目に見えない花粉がめくれ上がった角質から体内に入り込んでしまい、体は異物(花粉)が入ってきたということで、花粉をやっつけようと必要以上に過敏に反応します。
これが、花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)となって、肌に炎症を起こしてしまうんですね^^;

季節の変わり目はもともと肌が荒れやすい

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)がなくても、季節の変わり目は、肌荒れを起こしやすい季節ですよね。
特に、秋や春というのは肌荒れを起こしやすい原因が多い時期でもあります。

以前、HANAオーガニックのリニューアル発表会で代表の林田さんに

肌は、皮脂のバランスをどう出すか?というセンサーを持っているんですが、気温20度を境目に、気温が20度を行き来する時期はそのセンサーが混乱をしてしまうんです。
そのときに、肌荒れはひどくなりやすいと言われています。
逆に、20度を下回ったり上回って気温が安定してくると、皮脂の分泌量も落ち着くため肌荒れも落ち着いてくると思いますよ。

と、教えていただきました。
確かに、林田さんのお話にあるように、気温が20度前後を行ったり来たりするときに肌荒れの症状が強く出るような気がします。

寒暖差は、肌荒れや自律神経にも深く関係するようで、肌のターンオーバーも狂いがちになるようです。
そして、春先からは紫外線の量も増えてきます。
そのため、紫外線を浴びる量が増えることで肌がゆらぎやすくなってしまうようです。
こればっかりは気温も紫外線も自然現象なので仕方ないといえば仕方ない部分もありますが、それにスギ花粉やヒノキ花粉というアレルゲンが加わることでさらに肌荒れが悪化しやすくなってしまうんですね。

ですので、春先や秋口などはなるべく肌荒れの原因となる花粉を肌につけないように注意したほうがいいと思います^^

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)を悪化させないお手入れ方法とは

まず、花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の症状がひどくなりすぎてしまっている場合は、スキンケアなどの日頃のお手入れでは症状の劇的な改善はできないと思いますので、皮膚科で診察を受けるようにしてください。
一時的にでも、皮膚科で診察をしてもらってそのときの症状にあった薬などを処方してもらってくださいね^^

ここでは、花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の症状が少しでもひどくなるのを予防するためにどうしたらいいかをご紹介したいと思います。

※こちらで花粉症による肌荒れのときにおすすめのオーガニックコスメなどをまとめています。

夜のお手入れは保湿重視でOKだけど朝のお手入れはべたつくものはNG

普段でも肌荒れ時には保湿重視のスキンケア類を使っていると思いますが、花粉症乾燥肌の症状が出ている場合は、朝のスキンケアはなるべくべたつくものやこってりしているものは避けるようにします。

なぜかというと、こってりしていたり油分が多くべたつくものは花粉が付着しやすいため。
なるべくアレルゲンとなるものは、肌などへの付着は避けたいですよね^^;
夜は家の中なのでこってりしているものや油分の多いものを使用してもそれほど問題はないと思いますが、朝のお手入れ時にはなるべく、こってり・べたつくものは避けましょう。

角質がめくれあがっているから花粉が付着しやすい パウダーを常につけておこう

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)のときは、角質がめくれあがっている状態(ささくれみたいな感じと思えばいいからしら^^)ですので、めくれあがっている部分に花粉が入り込みやすくなっています。

ですので、なるべくなら寝ているときでもつけていられるフェイスパウダーを24時間つけるようにしましょう。

肌と花粉の間にフェイスパウダーをつけることで、パウダーがクッションの役割を果たしてくれ、肌に直に花粉が付着するのを防いでくれます。

ファンデーションは油分を含まないミネラルファンデがおすすめ

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)のときは、なるべくならメイクをしないで肌に負担になることは避けたほうがいいのですが、そういうわけにもいかないですよね^^;

そういう場合におすすめなのがクレンジング不要のミネラルファンデですが、ミネラルファンデにもリキッドだったりクリーミータイプだったり、パウダータイプだったりと色々種類があります。

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)の場合は、朝のお手入れと同様に油分が含まれるリキッドタイプやクリーミータイプはなるべく避けて、パウダータイプのものを選ぶといいですよ^^

これは、お手入れ時と同じで、油分があるファンデを使うと花粉がいつも以上に付着してしまうため。
なるべく油分が含まれていない、パウダリータイプのミネラルファンデを使うようにしましょう。

洗顔は洗浄力が強いものは避け、クレンジングはミルクタイプのやさしいものを使う

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)は、肌のバリア機能がものすごく低下している状態なので、洗顔は洗浄力の強いものは避けて、なるべく刺激の少ないやさしい洗い心地のものを使用するといいと思います^^

もちろん、ピーリングやスクラブ、クレイ配合などのものは絶対NGです^^;

洗顔するときも、泡をたくさん泡立てて顔をこすらないように泡で顔をやさしく包む感じで洗います。
ただ、花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)がひどくなると水やぬるま湯ですらしみてしまうこともあります。

もうそういうときは割りきって洗顔もスキンケアもメイクもしないのがいちばんです。
洗顔しないのはさすがに気持ち悪いと思いますので、蒸しタオルなどでやさしくやさしく拭いてあげて、病院で処方してもらった薬などを塗るようにしましょう。

外出して帰宅したらまずは顔についている花粉を洗顔して落とす

外出時、マスクや花粉症用メガネをつけていても肌にはたくさんの花粉が付着しています。
帰宅したら、まずは肌についた花粉をきちんと落としましょう。
ただ、1日に何回も洗顔をすると今度は肌荒れに逆効果になってしまうので、帰宅後に洗顔をしたら夜の洗顔はぬるま湯のみなど、なるべく洗顔料は使わないようにするといいですよ^^

肌が敏感になりすぎているのでなるべく顔に髪がかからないヘアスタイルを

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)で肌が荒れているときは、些細なことでも肌の刺激になってしまいます。

なるべく、顔に髪がかからないようにヘアスタイルを工夫するといいと思います^^
前髪をあげたり、サイドの髪を後ろで束ねたり、お団子ヘアにしてみたりと、花粉症時期だからこそ肌への刺激にならないヘアスタイルで楽しみたいですよね♪

とにかく保湿!保水!

花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)には、とにかく保湿と保水が重要です!
角質がめくれあがっているため、肌からは水分が常に蒸発しているので、保水と保湿は必須

なるべく低刺激なもので肌荒れなどの炎症にいい成分が配合されているものなどを選ぶといいと思います。

そして、オーガニックコスメが刺激になることもあるので、少しでも刺激を感じた場合は、オーガニックコスメをお休みして、保湿重視のスキンケアに変えてみるとか、低刺激の敏感肌用スキンケアに変えてみる、など臨機応変に使用するものを選びましょう♪

***

普段使っているコスメが使えない、低刺激のものでも使えない場合は、なにもお手入れしないのもひとつの方法です。
病院で処方された薬だけ使って、刺激となるスキンケアはお休みすることで肌荒れが早く改善することもあります。

どうしても花粉症乾燥肌(花粉症皮膚炎)が改善されない、余計ひどくなってきているなどの場合は、必ず皮膚科などで診察を受けるようにしてくださいね^^
(私もそうしてます)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。