オーガニックの日焼け止めも、年々機能性や使い心地もいいものがたくさん増えてきました。

また、ノンケミカルな日焼け止めの人気も高まってきているので、オーガニックの日焼け止めを使いたいなと思っている方も多いのではないでしょうか?

  • オーガニックの日焼け止めで白浮きしづらく、肌の負担にならない、ノンケミカルな日焼け止めが欲しい
  • オーガニックでも汗に強く、テカりづらい日焼け止めが欲しい
  • 親子で使えるノンケミカルでオーガニックの日焼け止めが欲しい
  • 海やプールで使えるSPF値の高いオーガニックの日焼け止めが欲しい

など、日焼け止め選びに毎年悩んでいる方のために、私自身が6年ほどオーガニックの日焼け止めを使っている実体験を元に、日焼け止め選びのお悩み別におすすめの日焼け止めをご紹介したいと思います。

また、敏感肌だから日焼け止めがなかなか肌に合わない・・と悩んでいる方も多いと思います。

敏感肌で肌にやさしい日焼け止めを選ぶ際のポイントをまとめたページもありますので、日焼け止めを選ぶ際の参考にしてみてくださいね^^

ランキング形式ではなく、日焼け止めを選ぶ際の悩み別にそれぞれご紹介していきたいと思います!

お悩み①白浮きしづらく肌に負担のかからないオーガニックの日焼け止めを使いたい

オーガニックの日焼け止めというと、以前は白浮きしてしまって使いづらい・・というものがとても多かったのですが、現在は各ブランドも研究を重ねて、白浮きしづらい日焼け止めを販売しているところがとても多くなりました。

基本的に、オーガニックの日焼け止めは、酸化チタンや酸化亜鉛(紫外線散乱剤)はナノ化していませんので、ナノ化していない日焼け止めを使いたい方も安心して使うことができます。

HANAオーガニックウェアルーUVは白浮きせず、肌荒れも防いでくれる日焼け止め

HANAオーガニックウェアルーUVは白浮きせず、肌荒れも防いでくれる日焼け止め

SPF30 PA++ 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:2色(ピンクベージュ、イエローベージュ)

HANAオーガニックのウェアルーUVは、「美容液、UVカット、化粧下地、ライトファンデーション」の機能も持ち合わせた、多機能な日焼け止め乳液です。

紫外線を防ぐのはもちろん、肌の乾燥、ブルーライト、PM2.5などの環境汚染物質、肌の酸化などを防いでくれます。

ウェアルーUVは、紫外線カット効果のある植物成分などを豊富に配合しているので、紫外線をカットする成分の量を最小限に抑えています。

だからこそ、白浮きせず、肌が乾燥してしまうこともありません♪

紫外線はもちろん、PM2.5などの環境汚染物質、ブルーライト、花粉などのアレルゲン物質、乾燥、酸化などによって、日中起こりやすい炎症を未然に防ぐ成分もたっぷりと配合しています!

icon-bookmark参考記事日中のダメージをしっかり予防!100%オーガニック原料で実現したのがウェアルーUV

  • クレンジングは必要なく、石けんで落とせる。
  • 100%オーガニック処方で、美容成分が85%配合されている。
  • 白浮きもせず、カラーも2色あるため自分の肌色に合わせやすい。
  • 光をコントロールする特殊なミネラルを配合し、赤みと青みの光をコントロールするため、肌の血色がよくなりツヤっとした肌になる。(ピンクベージュのみの処方)
  • 配合されている酸化チタンはナノ化しておらず、天然コーティングされている。
  • 日焼け止め特有のキシキシ感や皮膜感は全くなく、1日中つけていてもストレスフリー。

気になる点としては、オイリー肌さんや混合肌さんの場合、真夏はテカリが気になることもありそうです。
(その場合は、上からパウダーをなじませてあげると気にならなくなります)

icon-bookmark参考記事【参考】HANAオーガニック ウェアルーUV紫外線も花粉もブルーライトも防ぐやさしい日焼け止め

公式サイトウェアルーUV

※HANAオーガニックトライアルセットにもウェアルーUVのトライアルが入っていますので、まずはそちらからお試ししてみるのもいいと思います。
公式サイトHANAオーガニックトライアルセット

ナチュラグラッセ UVプロテクションベースは3つの光ダメージから肌を守るSPF50+のうるおう日焼け止め

ナチュラグラッセUVプロテクションベースは近赤外線からも肌を守るUV下地!SPF50+ PA+++

SPF50+ PA+++ 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:1色

ナチュラグラッセUVプロテクションベースは、SPF50+ PA+++と紫外線カット効果も高いのに、保湿力も高いので乾燥している肌に使っても肌がしっとりしてくれる日焼け止めです。

紫外線のほか、ブルーライト、近赤外線も防いでくれます!

ほんのり色がついている薄付きタイプですが、肌のくすみや色ムラを自然にカバーしてくれ、自然なツヤ感も出るので肌の色がキレイに見えるのもポイント♪

  • 100%天然植物主成分のオイルベースのUVケア。
  • クレンジングは必要なく、石けんで落とせる。
  • 紫外線、ブルーライト、近赤外線の3つの光ダメージから肌を守ってくれる。
  • 肌の調子がよくないときに使っても低刺激だから安心して使える。
  • SPF50+ PA+++と、紫外線カット効果が高いのに、肌が乾燥しない。
  • 日焼け止め特有のキシキシ感や皮膜感は全くなく、1日中つけていてもストレスフリー。

気になる点としては、オイリー肌さんが使う場合は、保湿力が高いのでテカリが気になるかもしれません。
(その場合は、パウダーを重ねるとテカリ防止になります)

icon-bookmark参考記事【参考】ナチュラグラッセUVプロテクションベースは近赤外線からも肌を守るUV下地!SPF50+ PA+++

公式サイトナチュラグラッセ UVプロテクションベースNはこちら

ウェリナ キスフォータウンはオイルベースの美容液!白浮きせず乾燥肌にも使いやすい日焼け止め

ウェリナ キスフォータウン

SPF20 PA++ 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:1色(ナチュラルなベージュ色)

ウェリナ キスフォータウンは、ミネラルを豊富に含むハワイアン海洋深層水と、100%天然植物主成分の美容液ベースのUVケア製品です。

ほんのりと色がついている色付きタイプで、オイルベースの日焼け止ですので、ある程度汗や水にも強いです。

乾燥肌や敏感肌にいいと言われる「ククイナッツオイル」や「マカデミアナッツオイル」をたっぷりと配合しているので、肌の調子がイマイチなときに使っても、刺激を感じず安心して使えます

美容オイルがたっぷり配合されているので、保湿効果はバツグンにいいです!

  • ミネラルを豊富に含むハワイアン海洋深層水と、100%天然植物主成分の美容液ベースのUVケア。
  • クレンジングは必要なく、石けんで落とせる。
  • 配合されている酸化チタンはナノ化しておらず、天然コーティングされている。
  • オイルベースのUVケア美容液なので、ある程度水や汗にも強い。
  • 肌の調子がよくないときに使っても低刺激だから安心して使える。
  • 美容オイルが豊富に配合されているため、保湿効果はばつぐん!
  • 日焼け止め特有のキシキシ感や皮膜感は全くなく、1日中つけていてもストレスフリー。

気になる点は、オイルベースな日焼け止めなので、オイリー肌、混合肌の方が真夏に使うと、テカリが気になると思います。

乾燥肌の方でも、保湿力がとてもたかいので、真夏はベタつきが気になることがあるかも。

icon-bookmark参考記事ウェリナの日焼け止めは、敏感肌でも使える乾燥しないオーガニックな日焼け止め

公式サイトウェリナ デイリーUVケア / キスフォータウンはこちら

お悩み②汗に強く、テカりにくいノンケミカルでオーガニックな日焼け止めを使いたい

オーガニックの日焼け止めは、SPF値もPA値も最高値のものがあまりないのが悩み・・・という方も多いのではないでしょうか?

また、保湿力が高い日焼け止めが多いため、オイリー肌や混合肌の方はオーガニックの日焼け止めではテカってしまう、という方も。

成分も安心で、なおかつSPF、PA値が最高値のもの、汗や水に強いものをまとめました。

琉白 シークワーサーブライトニングUVヴェールはSPF50 PA++++!オーガニックでノンケミカルな日焼け止め

琉白 シークワーサーブライトニングUVヴェールはSPF50 PA++++もあるのにオーガニックでノンケミカルな日焼け止め

SPF50 PA++++ 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:1色(明るいベージュ色)

琉白 シークワーサーブライトニングUVヴェールは、SPF50 / PA++++と、紫外線カット効果がSPF、PAどちらも最高なのに、天然100%のオーガニックなUV化粧下地です。

一般的なオーガニックの日焼け止めには「O/W処方」が採用されていますが、こちらは「W/O処方」を採用しているので、オーガニックでノンケミカルながら、汗や水に強い日焼け止めになっています!

肌に触れる部分が水溶性のものでコーティングされている、「油が水に包まれた状態」のこと。
水で油を包んでいるため、軽い使い心地になりますが、その分、汗や水に弱く崩れやすくなります。
肌に触れる部分が油溶性のものでコーティングされている、「水が油に包まれている状態」のこと。
油に水が包まれているため、汗や水に強く、崩れにくくなります。
ただ汗や水に強い半面、べたつきやすいので、琉白では高品質のタルクを採用し、皮脂にも強く崩れにくい処方にしています。

紫外線カット効果も最高値ですが、カバー力もあるので薄いシミなら楽々隠せます

  • オーガニック日焼け止めなのに、SPFもPA値も最高値だけど肌にもやさしく、使いやすい。
  • 石油由来成分は不使用なのに、汗や水に強い処方になっており、崩れにくい。
  • 小松和子さんが監修しており、年齢肌に足りない「ツヤ」「血色」を補うカラーで白浮きしづらい。
  • 琉白ブライトニングスキンケアに配合されている抗酸化パワーのある植物を配合。
  • 配合されている酸化チタンはナノ化しておらず、天然コーティングされている。
  • 日焼け止め特有のキシキシ感や皮膜感は全くなく、1日中つけていてもストレスフリー。

気になる点として、他の日焼け止めよりも粉っぽさがあるので、肌が乾燥している時に使うと乾燥が気になることがあります。

また、その際にシークワーサーブライトニングUVヴェールの上にファンデーションやフェイスパウダーを使うと、粉吹きしているように見えることも。

しっかり保湿してから使うことで、改善できます

また、汗や水に強い性質なので石けんだけでは落ちません。

必ず、クレンジングで落とす必要があります。

icon-bookmark参考記事オーガニック日焼け止めなのに汗や水に強くて敏感肌でも使える!琉白(るはく)シークワーサーブライトニングUVヴェール

公式サイトシークワーサーブライトニングUVヴェール(色つきUV化粧下地)【SPF50+/PA++++】はこちら

※色がつかない日焼け止めもあります。
公式サイト月桃UVボディヴェール【SPF50+/PA++++】(顔・からだ用日焼止め)はこちら

お悩み③親子で使えるノンケミカルでオーガニックな日焼け止めを使いたい

小さな赤ちゃんがいるママさんや、お子さんがいるママさんは、親子で同じ日焼け止めを使いたいなと思っている方も多いのではないでしょうか?

私も子どもたちが小さい頃は、親子で使える日焼け止めを使っていました^^

赤ちゃんから大人まで、親子一緒に使えるノンケミカルで成分も安心な日焼け止めをまとめてみました。

ウェリナ アマールカベビーサンスクリーンは赤ちゃんに特化した日焼け止めだから親子で使える!

ウェリナ アマールカ ベビーサンスクリーン(日焼け止めSPF15)

SPF15 PA– 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:なし(色がつかないタイプ)

※PA値については、表記はされていないので正確なことはわからないのですが、私はPA+くらいの数値はあるのではないかと思っています。

アマールカベビーサンスクリーンは、大切な赤ちゃんや子どものために、家族みんなが安心して使えるよう、原料にとてもこだわっている日焼け止めです。

色がついていないタイプなので、場所を選ばず、全身に使えるのもポイント!

  • 赤ちゃんに特化した日焼け止めだから、敏感肌でも安心して使える。
  • 使用している原料も、信頼ある産地の無農薬植物原料を厳選して使用している。
  • 配合されている酸化チタンはナノ化しておらず、天然コーティングされている。
  • クレンジングは必要なく、石けんで落とせる。
  • サラッとした使い心地になるので、べたつく日焼け止めが苦手な人でも使いやすい。
  • 色がついていない日焼け止めだから、顔だけではなく全身に使うことができる。
  • 白浮きしづらく、化粧下地としても使える。
  • 日焼け止め特有の皮膜感は全くなく、1日中つけていてもストレスフリー。

肌になじませてから少しすると、サラッとした使い心地になりますが、なじませたばかりは、少しベタつく感じがするので、苦手な人は苦手かも。

気にならないレベルですが、日焼け止め特有のキシキシ感が少し感じられます。

icon-bookmark参考記事敏感肌も安心して使える低刺激な日焼け止めクリーム「ウェリナ アマールカ ベビーサンスクリーン」

公式サイトウェリナ 日焼け止め / ベビーサンスクリーンはこちら

チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクターは紫外線と乾燥から守ってくれる日焼け止め

チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクターは紫外線と乾燥から守ってくれる日焼け止め

SPF43 PA++ 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:なし(色がつかないタイプ)

チャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクターは、SPF値が43と紫外線カット効果が高いのに、赤ちゃんから大人まで安心して使えるオーガニックの日焼け止めです。

乳液のような質感で、他の日焼け止めと比べると伸びはイマイチですが、やわらかいので肌に伸ばしやすいです。

色がつかないタイプなので、安心して赤ちゃんや身体にも使うことができますよね^^

天然オイルがたっぷり配合されているので、保湿力もあります。

  • クレンジングは必要なく、石けんで落とせる。
  • 配合されている酸化チタンはナノ化しておらず、天然コーティングされている。
  • 無香料だから、赤ちゃんはもちろん、男性も使いやすい。
  • 天然オイル配合だから、保湿力がある。
  • 色がついていない日焼け止めだから、顔だけではなく全身に使うことができる。
  • 白浮きしづらく、化粧下地としても使える。
  • 日焼け止め特有のキシキシ感がなく、1日中つけていてもストレスフリー。

1プッシュで顔~デコルテまで使用できる量なので、顔だけに使いたい場合は、量の加減が少しむずかしいです。

お子さんと使う場合は、親子で1プッシュでちょうどいいかも。

天然オイルがたっぷり配合されているため、オイリー肌や混合肌の方は、テカりやすいかも。

icon-bookmark参考記事国産オーガニックコスメ チャントアチャーム の日焼け止め「UVフェイス&ボディプロテクター」の使用感は?

公式サイトチャントアチャーム UVフェイス&ボディプロテクターはこちら

お悩み④海やプールでも使えるウォータープルーフでSPF値の高いオーガニックな日焼け止めを使いたい

オーガニックの日焼け止めは、なかなかウォータープルーフのものって見当たらないですよね?

国産オーガニックブランドでは、ほぼ(というか全く)ありません。

日本人にはやっぱり国産オーガニックのほうが肌に合いやすい傾向ではありますが、海外製だけど日本でもとても人気のあるウォータープルーフの日焼け止めもあります。

ソレオ オーガニクスは100%天然成分なウォータープルーフの日焼け止め

ソレオ オーガニクスは100%天然成分なウォータープルーフの日焼け止め

SPF30+ PA++ 紫外線吸収剤不使用 ナノ化成分不使用
カラー:なし(色がつかないタイプ)

ソレオのSPF値は「30+」という表記になっていますが、これはオーストラリアの表記になっています。
日本では「50+」が最高値となっていますが、オーストラリアでは「30+」が最高値になります。
(30+は、10時間以上の有効使用時間があるという意味)

ソレオ オーガニックスのウォータープルーフタイプの日焼け止めは、オーストラリアで人気のある、100%オーガニックな日焼け止めです。

オーストラリアは、紫外線の強さが日本の5~10倍とも言われていて、そのオーストラリアでの紫外線カット効果が最大の「30+(日本で言う50+のようなもの)」と、紫外線もしっかり防ぎ、なおかつウォータープルーフなので、マリンスポーツをする方や、海やプールで使用している方がとても多いんです。

紫外線を防ぐだけではなく、14種類ものオーガニック保湿成分をたっぷり配合しているので、紫外線でダメージを受けた肌にうるおいを与えて保護してくれます

ソレオの日焼け止めは、ナノ化はもちろんしておらず、紫外線吸収剤も不使用。

実は紫外線吸収剤って、サンゴの白化の一因とも言われていて、場所によっては紫外線吸収剤が配合していない日焼け止めしか使えないところもあるんだそう。

ソレオで使用している天然成分は、自然界の微生物によって生分解されるものを使っているため、環境に悪影響を与えないのもポイントです!

  • ウォータープルーフなのに、石けんのみで落とすことができる。
  • 天然ミネラルのほかに、抗酸化効果があるブドウ種子油や、UVカット効果をもつテオブロマグランジフロルム種子脂も配合している。
  • 配合されている酸化亜鉛は、ナノ化していない。(ナノ化はしていないが、ソレオ独自の技術でナノ粒子より大きいマイクロファイン粒子はしている)
  • 保湿力が高い。
  • 色がついていない日焼け止めだから、顔だけではなく全身に使うことができる。
  • 白浮きしづらい。
  • 赤ちゃんから大人まで、家族みんなで使うことができる
  • 日焼け止め特有のキシキシ感がない。

気になる点ですが、使うのにちょっとクセのある日焼け止めです。

合成界面活性剤がレシチンのみで、配合量も少ないのか、使用する前に容器ごとよくもんでからじゃないと使えません。
(そのまま揉まずに使うと、固形成分とオイル成分が分離して出てきてしまう)

さらに中身がかためなので、手のひらに出す際に容器を結構ムギュッとしないと出てきません^^;

また、オイリー肌や混合肌の方が使う場合、保湿効果が結構高くてオイリーっぽい使用感があるので、テカリや油っぽさが気になるかも。

それ以外の方でも、オイリーっぽい使い心地が苦手な方だと、ちょっとむずかしいと思います。

icon-bookmark参考記事ソレオ オーガニックスウォータープルーフのオーガニック日焼止めクリーム使ってみました!

体と環境にやさしい日焼け止めクリーム【soleo ソレオ オーガニックス】はこちら

お悩み⑤プチプラでおしみなく使えるノンケミカルな日焼け止めが使いたい

オーガニックではありませんが、ノンケミカルでナチュラルな日焼け止めは、成分にこだわりながらもお手頃価格でおしみなく使えるのがうれしいポイント♪

「顔はオーガニックの日焼け止めを使い、身体はナチュラルな日焼け止め」と、使い分けもありです!(私もそうしてます^^)

ローレ UVウォーターミルク、UVエッセンスクリームはお手頃価格で続けやすい日焼け止め

ローレ UVウォーターミルク、エッセンスクリームはお手頃価格で続けやすい日焼け止め

ローレUVウォーターミルク
SPF22 PA+++ 紫外線吸収剤不使用
カラー:なし(色がつかないタイプ)
ローレUVエッセンスクリーム
SPF21 PA+++ 紫外線吸収剤不使用
カラー:なし(色がつかないタイプ)

ローレの日焼け止め2種は、ミルクタイプ(UVウォーターミルク)と、クリームタイプ(UVエッセンスクリーム)があり、どちらもお手頃価格の日焼け止めです。

どちらも汗や水にも強いウォーターレジスタント処方になっており、お手頃価格ではあるんですが、成分も使用感もとてもこだわって作られています。

  • 色がついていないタイプなので、色移りなど気にせず体に使える。
  • さっぱりサラサラ、しっとりサラサラと、使い心地を選ぶことができる。
  • 紫外線吸収剤・鉱物油・シリコン・アルコール・石油系界面活性剤・合成香料・合成着色料・動物性原料・合成防腐剤は不使用。
  • 1日中つけていてもストレスフリー。
  • 石けんで落とせる。

どちらも顔にも体にも使うことができるのですが、実際に使ってみて顔用ではなく体用として使うほうがいいと思います。

それと、お手頃価格ではありますが、体用として使う場合は容量がちょっと少なく感じます。

icon-bookmark参考記事ローレ UVウォーターミルクとエッセンスクリームはさらさらorしっとりさらさらで選べます!

公式サイトLORE(ローレ) UVウォーターミルク グリーンフォレスト SPF22 PA+++ 30mL
公式サイトLORE(ローレ) UVエッセンスクリーム シトラスオーチャード SPF21 PA+++ 40g

ママバターUVクリームアロマインはノンケミカルで虫よけもできちゃう日焼け止め

ママバターUVクリームアロマインはお手頃価格でUVカットと虫よけもできる日焼け止め

SPF25 PA++ 紫外線吸収剤不使用
カラー:なし(色がつかないタイプ)

ママバター UVクリームアロマインは、ママバターのUVクリームの中でも人気のある、日焼け止めとしても虫よけとしても使える、日焼け止めクリームです。

虫が苦手な香りの「シトロネラ・レモングラス・ゼラニウム・ユーカリ・ローズマリー」の5種類を配合することで、虫よけ効果も備わっています。

小さなお子さんから大人まで、家族みんなで使えます。

我が家も子どもには、いつもこの日焼け止めを毎年使っています!

  • 子どもから大人まで家族みんなで使える。
  • 虫が苦手とする精油を配合しているので、日焼け止めプラス虫よけ効果も期待できる。
  • 色がついていないタイプなので、色移りなど気にせず体に使える。
  • シアバターを5%配合しているため、保湿力もある。
  • シリコン、鉱物油、合成香料、合成着色料、パラベンは不使用。
  • 1日中つけていてもストレスフリー。
  • 石けんで落とせる。

気になる点ですが、日焼け止め特有のキシキシ感が多少ありますが、気になるほどではありません。

ラージサイズもありますが、通常のサイズの場合は家族みんなで使うとコスパはあまりよくないです(家族4人で使用した場合)。

icon-bookmark参考記事ママバターUVケアクリーム アロマインにラージサイズが発売になりました

公式サイト【オンラインショップ限定品】MAMA BUTTER(ママバター) UVケアクリーム アロマイン SPF25 PA++ラージサイズ 140g(ハーブの香り)はこちら

通常サイズもあります!
公式サイトMAMA BUTTER(ママバター) UVケアクリーム アロマイン SPF25 PA++ 45g(ハーブの香り)はこちら

ママバターUVケア一覧はこちら。
公式サイトMAMA BUTTER(ママバター)UVケア商品一覧はこちら

オーガニックコスメの日焼け止め お悩み別おすすめ*まとめ

私自身が6年ほどオーガニックの日焼け止めを使っている実体験を元に、日焼け止め選びのお悩み別に、おすすめの日焼け止めをご紹介しました^^

ぜひ、日焼け止め選びの参考にしてみてくださいね!^^