界面活性剤はできるだけ避けたほうがいい成分?

界面活性剤はできるだけ避けたほうがいい成分?!

コスメには、界面活性剤が配合されているものが多く(というか、ほとんど配合されてますよね)、石油由来の「合成界面活性剤」、植物由来の「合成界面活性剤」があります。

合成界面活性剤は、肌によくないので避けるべき成分と言われたり、気にしなくても大丈夫と言われたり、人や本、ネットなどでも賛否両論があります。

では、実際には界面活性剤は肌に悪いものなのか?、それとも逆にいいものなのか?を私なりに調べてまとめてみました。

スポンサーリンク

界面活性剤ってなに?

界面活性剤はよく目や耳にしますが、実際のところどういった成分なのかがあまり良くわからない方も多いかもしれません。

私自身も、なんとなく「こうだろうな」というのはありましたが、実際に界面活性剤について詳しいことはわかっていませんでした。

まずは、界面活性剤について、詳しくお話したいと思います。

もともと水と油は混ざり合わないものですが、混ざり合わない水と油を混ぜ合わせるようにするのが「界面活性剤」

界面活性剤は、ひとつの分子内に油になじみやすい部分(親油基または疎水基)水になじみやすい部分(親水基)両方を持っている物質です。

この性質を利用して、洗浄、乳化、可溶化(水に溶けにくい物質が溶けるようになること)、浸透、分散(微粒子の状態で存在するようになること)などの働きがあります。

例えば、食品でわかりやすくいうとマヨネーズ。
マヨネーズは、お酢、油、卵で作られていますが、お酢と油を混ぜあわせようとしても混ざり合いませんよね。

そこに卵を加えると、不思議とお酢も油もきちんと混ざり合います。

これは、卵の中の成分「レシチン」が界面活性剤の役割を果たしているため、普通では混ざり合わないお酢と油を混ぜ合わせることができるのです。

ちなみにレシチンは、天然の界面活性剤です。

化粧品にはなんのために配合されているの?

化粧品には、水と油が入っていることが多いため、この2つの成分が分離しないように合成界面活性剤を配合することで、水と油を混ぜています(乳化)

このため、ほとんどの化粧品には合成界面活性剤が使用されています。

ケミカルコスメによく配合されているのは、石油由来の合成界面活性剤

オーガニックコスメにも実は界面活性剤は使用されていますが、オーガニックコスメでは植物由来の合成界面活性剤を使用しています。

どちらも原料が違うだけで、界面活性剤としては同じ性質を持っています。

なぜ肌に悪いと言われているの?

合成界面活性剤を使用して、水と油を混ぜあわせることを乳化といいますが、この乳化作用によって肌のバリアが壊されてしまうんだそうです。

合成界面活性剤は、油でできている皮脂膜となじんで皮脂膜をゆるめ、その下にある角質層にあるセラミドなどの細胞間皮質を溶かしてしまい肌のバリアを破ってしまいます。

また、肌のタンパク質を傷つけてしまう可能性もあるそう。

肌のバリアが薄くなっていくと、慢性的な乾燥肌や敏感肌を引き起こしてしまいます。

また、界面活性剤を使用することで、肌のバリアが低下し、防腐剤や化学物質が肌のバリアを破って体内に入り込む「経皮毒」の可能性も。(ただ、経皮毒などは賛否両論あるかと思いますので、個人個人の考え方などによるのかなと思います。)

石油由来の合成界面活性剤はダメだけど、植物由来の合成界面活性剤は安全ということも耳にしたりしますが、原料が違うだけで合成界面活性剤としての性質には違いはありません

ですが、植物由来の合成界面活性剤は配合量が少ないものも多々ありますので、石油由来の合成界面活性剤よりは乳化力も弱い傾向にあります。

また、クリームなどに「カリ石けん素地」と成分一覧に明記されているものもありますが、これは石けんを界面活性剤として使用しているということ。

クリームの中に石けんが入っていると思うと、ちょっと・・・と思いますよね^^;

その場合、肌荒れを起こしてしまうこともあるようですので、クリームの成分のところに「カリ石けん素地」と書かれているものがあった場合は、敏感肌さんの場合は注意したほうがいいと思います。

敏感肌さんは界面活性剤とどうつきあうのがいいの?

敏感肌のことを考えると、なるべくならば合成界面活性剤は使用しないほうがいいのでは?と思いますが、しかし現実的には化粧品の中に合成界面活性剤が使われていないものを探すほうが困難だと思うくらい、色々な化粧品に使用されていますよね。

私としては、界面活性剤を毛嫌いするのではなく、なるべく植物由来の合成界面活性剤を使用している化粧品を選び成分表をきちんとチェックして、どのくらいの配合量なのかを自分である程度読み取れるようになりたいなと思います。
(全成分の見方は、下に書いてあればあるほど、配合量は微量になります)

合成界面活性剤は、化粧品作りにはなくてはならないものだと思います。

合成界面活性剤が配合されている化粧品を使うことを前提に、上手に付き合っていきたいでえすね^^

「敏感肌でもオーガニックコスメを使いたい」で掲載していた記事を加筆して掲載しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でmoca♡オーガニックコスメアドバイザーをフォローしよう!

ランキングに参加しています

この記事がお役に立ちましたらポチッと応援していただけるとうれしいです^^
にほんブログ村 美容ブログ オーガニックコスメへ

無断でのコピーなどは禁止しています
当ブログでは、テキストのコピーを無断で行った場合、どのページのどの文章がコピーされたか即座に運営者の私に通知がくるようになっています。
あまりに酷いテキストのコピーをしている方(記事を全文コピーなど)や、明らかに無断使用のためにコピーしている(執拗に文章をコピーする、明らかに記事をパクろうとしている意図が感じられる)と思われる方は、閲覧を禁止する措置を取らせていただきます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク